Column Navi

日常生活のささやかな豆知識をあなたに

正月の飾りはいつからいつまで?飾る意味や捨て方などまとめ

     お正月

しめ縄の画像

この記事は正月のお飾りについて様々な疑問をまとめたものとなっています。

  • 正月飾りを飾る期間は?
  • なんで正月にお飾りを飾るの?
  • どうやって処分すればいいの?

などを中心に記事にしました。気になる方は是非読んでみてください。

スポンサードリンク

場所別の正月飾りの意味や由来とは?

デメリット

正月飾りって色々な場所に飾りますよね?私なんかはどうしてその場所に飾るかという意味も知らずに「ただ飾るものだ」という意識で毎年飾っていました。

しかしそれよりもきちんと「どうして飾るのか?」という意味を知っていたほうが効果ありそうだと思いませんか?

筋トレと同じだと思います。ただなんとなく筋トレするよりも強化したい部位を意識しながら筋トレすると効果があがるといいますよね?

なので場所ごとに飾る意味を知っておきましょう。

正月の画像

門には門松を飾ります。では何故門松を飾るのでしょうか?

年が明けて家にやってくる年神様が迷わないための目印という理由で門に門松飾るのです。

門松は「松」「竹」「梅(南天)」などで作られています。

「松」は一年中枯れなくて神様が宿る木として昔から言われている為、「竹」は大きく成長することから生命力をの象徴として、「梅」は一年の始まりを象徴する木だと言われています。

玄関

しめ縄の画像

玄関には主にしめ飾りを飾ります。

玄関は家の中と外との境界線です。しめ縄は災いを祓う境界線という意味があり家の中が清められているということを示す為に玄関に飾るわけです。

しめ縄は家の中が神様がおいでになるのにふさわしい場所とすることで、門松を目印に家にやってきた年神様をお出迎えするという意味で飾ります。

しめ飾りとしめ縄の違いとは?

似たような言葉ですが、実は違いがあります。

しめ縄は縄単体の事を表します。しめ飾りとはしめ縄や他の装飾物をすべて合わせて飾り物のことを指します。

主にしめ縄以外の装飾物として「うらじろ」「ユズリハ」「ダイダイ」「昆布」「御幣」などで装飾されます。

「うらじろ」は葉の裏が白いということから、「裏が暗くない=心が清い」という象徴を意味します。

「ユズリハ」は普通の木は落葉してから新葉が芽生えるのですが、新葉が芽生えてから古い葉が落ちる特徴がある木です。子孫繁栄を象徴する植物とされています。

「ダイダイ」は代々受け継がれるという語呂合わせから。家運降盛を意味しています。

「昆布」も語呂合わせで喜ぶという意味があります。

「御幣」は神の力が宿る木ということで使われています。

床の間

鏡餅の画像

床の間には鏡餅を飾ります。

床の間は家の中で一番格式が高い場所とされていて、そこに年神様をお迎えするという意味で鏡餅を床の間に飾るわけです。

その他

水回りや個々の部屋には輪飾りを飾る家庭も多いと思います。私の実家でも各部屋ごとに輪飾りを飾っていました。

水回りに輪飾りを飾る理由は水が清められるようにという意味があり、部屋ごとに輪飾りを飾るのはその部屋が清められているという意味があるためです。

輪飾りはしめ飾りの小さい版みたいな扱いだと思われます。

正月飾りはいつから飾るのが正しいの?

考える男性

「正月飾りっていつから飾るのが正解なの?」

門松などは松の内の期間に飾るのが正しいと言われています。松の内の期間は12月13日から1月7日までとなっています。

しかし12月13日から正月飾りの準備をするところなんて神社ぐらいで、一般家庭はまだ飾りませんよね?主な理由としてはクリスマスの時期だからだと思います。

なので一般家庭は12月26日から飾るのが正しい飾り方だと思います。

飾ってはいけない日、いい日があるというのは本当?

OKサインをする女性

正月飾りをしてはいけない日というのはあります。29日と31日は飾ると縁起が悪い日と言われています。

29日がいけない理由は「二重苦」という意味と「苦待つ(松)」という意味から門松などを飾るには縁起が悪い日と言われています。

31日に飾るのは「一夜飾り」ということで年神様に対する尊敬の気持ちが足りないという理由から飾るのには適していないと言われている日です。

ちなみに30日も飾るのには縁起が悪い日と言われていたりします。理由は旧暦だと30日が大晦日だから一夜飾りになるという理由からです。

それに反して飾ると縁起が良い日というのは12月28日と言われています。

それは8という数字に理由があります。8は末広がりで縁起が良い数字とされています。

総括すると12月26日~12月28日の間に飾るのがもっとも適している飾り始めの時期ということになります。

正月飾りを飾るのを忘れた。もう大晦日!どうする?

頭を抱える男性

「年末忙しくてうっかり正月飾りを飾るのを忘れてしまって大晦日になってしまった」

うちの実家ではよく見る光景でした。この場合どうすればいいでしょうか?31日で縁起が悪くても飾らないよりはマシと判断するべきか、それとも・・・。

新年になったらすぐに飾るのが正解です。

一夜飾りは年神様への敬意を損ねる行為ということでそれよりは新年になってから飾るほうが縁起がいいと両親から教わりました。(そもそももっと早く飾りなよ。と子供の頃の私は思いましたが)

なので、1月1日の0時過ぎたらすぐに正月飾りをしましょう。

アパートやマンションでの正月飾りはどうする?

「部屋の飾りはできるけれどマンションとかだと門松とかはどうしよう」

門松はさすがにマンションでは飾れないですよね。その場合の対応策は・・・。

まずはマンションの入り口に門松を置いてある所もあります。その場合は門松は不要ですね。しかし門松を用意してくれないアパートやマンションも多いと思います。

その場合はミニチュアサイズの門松を玄関ドアの両側に飾るという方法があります。最近では小さい門松も売っていますので、それを購入すると良いでしょう。

スポンサードリンク

正月飾りはいつまで飾るのが正解?

考える女性

「正月飾りは松の内の期間に飾るのが常識ですからその松の内の期間でしょ」

その通りなのですが、この松の内の期間というのが曲者だったりします。

関東では松の内の期間は12月13日から1月7日までと言われています。

しかし関西では松の内の期間は12月13日から1月15日までと言われています。

なので、住んでいる地域によって変えれば良いのですが・・・私の両親って父親が関西側の人間で母親が関東側の人間だったりします。

実家は父方の祖父母と住んでいたので、関西系に流れるのかなと思いきや・・・母親の方が発言権が強く8日にお飾りを片付けていました。

しかし隣に住んでいる祖父母は15日まで飾って16日に外すという不思議な状態でしたw

ただ基本的にはどちらでも問題ありません。あまり固執せずに7日か15日か好きな方を選べばいいと思います。

正月飾りの正しい捨て方はどうすればいいの?

考える女性

正月飾りは飾り終わったらそのままゴミ袋に捨ててゴミに出すというのは少し気が引ける行為だと思います。年神様への配慮が足りないと思いますし何か良くないことが起こりそうな予感がします。

では正しい捨て方とはどうすれば良いのでしょうか?

神社へ持っていく

川崎大師の画像

神社へ持っていき処分してもらうという形をとるのが一番正しいし、こちら側もスッキリする方法ですね。

私の実家だと去年のお守りや破魔矢などと一緒に神社へ正月飾りを持っていきお焚きあげをしてもらっていました。

どんど焼きで焼却する

私や私の弟が小学生だった時の処分方法はどんど焼きでした。

小学校の1月の行事にどんど焼きというのがあって、その時に正月のお飾りなどを一緒に燃やしてもらっていました。これも正式な正月飾りの処分方法だったりします。

ただ弟が中学生になってからは、どんど焼きで処分することができなくなり、神社へお焚きあげをしに持っていくようになりました。

ちなみにどんど焼きは神社でもしている所が多いので主に1月15日にするところが多いので最寄りの神社で確認をしてみると良いと思います。

自宅での処分方法は?

「神社へわざわざ持っていく暇がない」

「家の庭で焼く」という人も中にはいると思うのですが、最近は近隣からの苦情などもありなかなか出来ることではありません。

なので「ゴミとして出す」人がほとんどだったりします。

しかし普通のゴミと一緒に混ぜて処分するのはさすがに年神様への敬意を感じない行為で気が引けます。

その場合は新聞紙などをひき、そこにお飾りを置いて塩で清めてから正月飾りだけのゴミ袋を用意して捨てるという方法を取ることが一般的みたいです。

ただ地域によってはゴミの分別問題があるので注意しましょう。

正月飾りは来年も使いまわしていいの?

NGサインをする女性

「毎年買うのが勿体無い、来年も使いまわしたい」

確かに来年も同じようなデザインの飾りですから使いまわしても問題なさそうに思いますよね?

正月飾りをある種のインテリア感覚で飾るのならそれでもいいかもしれません。しかし縁起物として飾るのであればその行為は間違っています。

正月飾りは歳神様をお迎えする依代として飾るというのが主な目的です。今年使った依代を来年も使うとなると、来年来た歳神様はどう感じるでしょうか?そこに福は来るのでしょうか?

と、縁起を気にする人は決して使いまわさないほうが良いと思います。来年何か縁起でもないことが起きた場合、きっと使いまわしたことへの後悔を感じてしまうでしょう。

まとめ

以上で、正月のお飾りに関する疑問をまとめた記事を終わります。

昔からの縁起物として正月のお飾りを飾っていましたが、私はいかに無知だったかと思い知らされました。

新年を清い気持ちで迎えたい人は正しい飾り方、外し方、処分方法をきちんとしましょう。

スポンサードリンク