Column Navi

日常生活のささやかな豆知識をあなたに

小学生低学年にお年玉いくらあげる?相場と使い道について

     お正月

お年玉をみて喜ぶ女の子

「小学生にお年玉を渡すのはいくらぐらいが相場?」

甥っ子や姪っ子、または自分の子どもにいくらぐらいのお年玉をあげればいいかというのは悩む問題ですよね。

あげすぎても変なものに使ってしまいそうですし、少なすぎるとやはりそれもケチ臭くて問題になってしまいます。

世間一般ではどのぐらいの金額が妥当なのでしょうか?調べてみました。

スポンサードリンク

小学生のお年玉の相場はどのぐらい?

調べる女性

小学生低学年で1000円から3000円。小学生高学年で3000円から5000円が一般的です。

いろいろな調査結果を調べましたが大体どのアンケート調査もこの値段に落ち着いています。実際私が子どもの時に貰ったお年玉もこの値段でした。

子どもにお年玉を多くあげてはいけない理由とは?

悩む男性

「大体の相場はわかった。これ以上あげればいいのね」

と相場よりも多めにあげようとしている人もいると思います。しかしあげすぎてもいけないんですよ。

多くあげることで得られるモノってあげたほうの体裁ぐらいなもので、弊害のほうが多かったりするんです。多くあげてはいけない理由を説明したいと思います。

【理由1】子どもに大金を持たせると心配

理由の一つに、子どもに大きすぎるお金を渡してしまうと何に使ってしまうかという部分が心配ですね。

私が子どもの頃に買ったものでなんでこんなもの買ったんだろうと今でも思う品物に「カラフルなBB弾」がありました。

BB弾とはまあおもちゃの鉄砲の弾なんですけれど、別におもちゃの鉄砲を持っているわけでもなくただBB弾がカラフルで綺麗だから購入しました。

このぐらいならあまり意味がない程度の品物でかわいいですが、子どもは大人では想像もつかないような行動を取ることがあります。

大きなお金をもたせたら、いきなり電車でどっか行きたいとか思って一人で電車に乗って遠出してしまったりすることもありえます。

なのであまり大きなお金を持たせないためにもお年玉はある程度常識範囲の金額におさえたほうが良いというのが理由の1つです。

【理由2】親戚間でのすり合わせをする必要があるため

私の両親や叔母や叔父さんは私達子どもに対しきちんとお年玉の値段設定の協定を守っていました。

小学生低学年は3000円、高学年は5000円。それ以上は与えない。と決めていたわけです。

こういうすることで、無邪気な子どもの思わぬ口撃を防ぐことができるわけです。

「あのおじちゃんからは5000円貰ったのに、このおじちゃんからは3000円しかくれなかった。」

大人たちがその場が凍りつくようなことを子どもは平気で口にします。多くあげた方もなんか申し訳なくなり、少なくあげたほうは肩身狭い思いをしてしまいますよね?

そういうことがないように親戚同士でお年玉の値段設定はしっかり決めておくほうが無難でしょう。

スポンサードリンク

子どもが貰ったお年玉はどういう風に扱うのが正解?

考える女性

親戚が多いところだと何万円にもなってしまう子どものお年玉ですが、そのまま子どもに任せてしまうと無駄遣いしてしまいますよね?

「全て子ども用の銀行口座に貯金してしまう」

でも子どもからすれば、いくら自分の口座だからと言って貯金したら親にお金を取り上げられたと勘違いしてしまう子もいると思います。

実際子どものお年玉を家計の足しにしている親もいるかもしれませんが、さすがにその行為は親としてどうかなと私は思うわけです。

では子どもには手に余るお年玉をどういう風に扱えばいいでしょうか?

私はお年玉の金額の中で子どもが欲しいものを一つ買ってあげて後は子どもの銀行口座に貯金しています。

ただ銀行口座に貯金するのではなく、ちゃんと子どもの欲しいものを一つ買ってあげることで子どもを納得させる理由になります。

「残ったお金は大きくなってお金が必要になった時に使おうね」

この一言で子どもは納得すると思います。何も買い与えないでその言葉を言うと子どもはどこか不信感を抱く可能性があるので、アメ要素で何か買ってあげるという手段を私は取りました。

きちんと欲しい物があったらお年玉を使って買ってもいい

私はお年玉は必ず貯金しなければいけないとは思っていません。

意味のない無駄遣いをさせたくないという意味で子どもにまとまったお金を渡したくないという理由のほうが強いですね。

去年の話ですが、こどもがPS4を欲しがりました。お年玉の金額で足りたのでお年玉でPS4を購入し余ったお金は貯金させました。

このように欲しい物が明確に決まっている時はお年玉を使っても良いと思います。

しかしなんとなく子どもにお金を持たせておくと、お菓子を買ったりジュースを飲んだりとするうちにお年玉がなくなったという行為だけはさせたくありません。

お金の使い方を教える意味でもまとまったお金を無意味に使う行為を子供のうちに染み込ませてしまうと金遣いの荒い大人になってしまいそうで心配だからです。

その辺を気をつけながら貰ったお年玉の扱い方を考えるとよいと思います。

まとめ

  • 小学生低学年のお年玉の相場は1000円-3000円
  • 小学生高学年のお年玉の相場は3000円-5000円
  • お年玉は子どもにお金の扱い方を勉強させるチャンス

スポンサードリンク