Column Navi

日常生活のささやかな豆知識をあなたに

おせち料理の意味と伊達巻や田作りはなぜ縁起がいいの?

     お正月

おせち

「正月に当たり前のようにおせち料理を食べますがなんで食べるの?」

私はただ「縁起がいいから」という理由でおせちを食べていましたが、正確な理由とかはわからないですよね?

おせちを食べる意味、子どもに「なぜおせちを食べるの?」とか聞かれた時に子どもでもわかるような説明ができないと正月早々子供にガッカリさせてしまうかもしれません。

今回は下記の内容について記事にしました。

  • 正月に何故おせちを食べるのか?
  • 子どもにもわかりやすいおせちを食べる理由とは?
  • おせちの中につめる食べ物が縁起がいい理由とは?

スポンサードリンク

おせちの由来は?

おせち

おせち料理とは節会や節句に作られる料理の事を言います。

節句と言うと五節句を思い浮かべると思います。

五節句とは
  • 1月7日:人日の節句(七草の節句)
  • 3月3日:上巳の節句(桃の節句)
  • 5月5日:端午の節句(菖蒲の節句)
  • 7月7日:七夕の節句
  • 9月9日:重陽の節句(菊の節句)

節会(せちえ)とは宮廷で節日に天皇のもとに群臣を集めて行われた行事の事を言います。1月1日は元日節会として1年で最も重要な行事でした。

それが民衆にも浸透して1年で1番重要な節目である1月1日におせちを食べるという習慣ができたというわけです。

ちなみにおせちとはお節会(おせちえ)という言葉が「おせち」に省略されてできた言葉だったりします。

おせちの歴史とは?

歴史
先程おせちは節会や節句の時に食べる料理と言いました。

この「節句」「節会」は中国から伝来されてきた五節供という行事が起源です。

古くは弥生時代からという情報もありますが、おせちを食べていたという記録が残っているのは奈良時代からだそうです。

しかし当時は重箱につめる料理のことではなく、高盛りになったご飯の事をおせちと呼んでいたそうです。

節句の時におせちを食べるという行事は次第に庶民も習うようになります。最初は五節句全てにおせち料理を食べていましたが、正月にのみ食べるように変わっていきます。

しかしこの頃はまだ重箱につめる料理のことをおせちとは呼ばれていませんでした。重箱に詰めるようになったのは明治以後と言われています。

「東京風俗志」によると正月料理のうちお膳に供えた煮物を「御節」と呼び、重詰したものを「食積」と呼ばれていたそうです。

しだいに重箱にお膳に供えた煮物を詰められるようになり、食積と御節は融合されていきます。そして今のおせちの形となっていったようです。

そもそも正月になんでおせちを食べるの?

調べる女性

「昔の行事でおせちを食べるのはわかった。じゃあなんで食べていたの?」

当時は豊作祈願や季節の節ごとに神様に感謝をするという意味でおせちを食べていました。

しかし今の日本人は農家はそれほど多くありませんし、季節の節ごとに神様に感謝をするということもあまり多くありません。

おせちを食べたら豊作だったという部分が、おせちを食べると良いことが起こるという発想に変換されて、現代ではおせちを食べるとこの1年の運気が上昇するという意味合いに変化したのだと思います。

子どもにもわかりやすいおせちを食べる意味とは

考える子ども

前述のような内容を子どもに伝えても全然伝わらないと思います。では子供向けのおせちを食べる意味を簡単に伝えるにはどう言えばよいでしょうか?

「おせちの料理は縁起が良い料理ばかりだから食べるとこの1年とても良いことが起こるんだよ」

と伝えるのが一番わかり易いと思います。

スポンサードリンク

おせち料理の食べ物が縁起がいい理由とは?

おせち

「おせちを食べると縁起がいい」

とは誰でも知っていると思いますが、「なぜ縁起がいいの?」と聞かれると結構言葉に詰まってしまいますよね?

子どもに聞かれた時、「なんで伊達巻って縁起が良いの?」「なんで田作りって縁起が良いの?」と質問攻めにあって困ってしまうことも。

こどもの「何で?何で?」って大人としては面倒くさい質問だなと思ってしまうことも多いですが、一つ一つ子供の疑問を解いてあげる必要はあります。

適当にあしらうと子供の好奇心というのがどんどん失われてしまい成長にも悪影響を与えてしまうと私は考えるので、出来るだけ子供の質問にはきちんとした解を用意しておいています。

それでも子供は予想外の質問をしてくることも多々あるので大変なんですけれどね。

伊達巻が縁起がいい理由

伊達巻

「伊達巻はなぜおせちに入っているのか?」

私は伊達巻は正月以外食べません。でも正月は必ずと言っていいほど口にする料理だと思います。おせちに入っている理由は「伊達」という言葉に理由があるようです。

「伊達」=オシャレ、目立つなどの意味合いがあります。

字体でもきらびやかなイメージがありますし、見た目も黄色で派手な食べ物だと思います。正月の華々しい縁起の良い日にはうってつけということでおせちに入っているわけです。

では伊達巻を食べるとなぜ縁起がいいのでしょうか?

理由は伊達巻の形にあります。伊達巻の形は巻物に似ているから学業成就などの効果があると言われています。

田作りが縁起が良い理由

田作り

田作りとはいわしの稚魚を干して乾燥させたものを煎って砂糖、醤油、みりんで煮詰めて甘辛くした料理のことですが、なぜ縁起がいい食べ物と言われるのでしょうか?

ひとつは健康にいいと言われています。いわしだから栄養価が高いという理由ではなく、田作りの名前に理由があります。

田作りとは別名ごまめと言います。ごまめの「まめ」の部分に注目して今年一年まめ(健康)に暮らせますようにという意味合いがあるわけです。

次に、田作りのいわしの稚魚という部分に注目ですね。たくさんのイワシの稚魚をつかっている料理ということで子孫繁栄を願うという意味が込められています。

最後に豊作祈願という意味もあります。田作りという単語からしてなんとなく想像つきますね。そしていわしは昔から高級な肥料としても扱われていました。

田んぼにいわしの肥料をまくと豊作になるという言い伝えもあることから田作りが豊作の象徴となる食べ物という理由になるのだと思います。

数の子が縁起がいい理由

数の子の画像

数の子はニシンの卵の事を言います。

卵がたくさんあるという部分から子孫繁栄を願って食べるという意味ですね。

黒豆が縁起がいい理由

黒豆が縁起がいい理由は3つあります。

まず黒い色が由来の一つですね。昔から黒は魔除けの色、悪気をはらう色と言われている色でした。黒豆を食べることで1年間厄払いをするという意味で食べるというわけですね。

次に黒豆のシワに注目です。黒豆は煮るとシワがつくこともあります。「シワが寄るまで長生きをするという意味」で長寿の意味があるようです。なので関東では黒豆をあえてシワが寄ってしまうように煮るそうです。

しかし関西では逆だったりするのが面白いところで、「シワがよらないように=老化しないように」という意味でまるくふっくらとした黒豆を食べるそうです。

私はシワがない黒豆の方が美味しくて好きなので関西派ですね。

最後にマメという言葉からくる健康という意味で食べるという理由です。

先程田作り(ゴマメ)のときにも言いましたが、まめまめしく生きるという意味で健康に生きるという理由ですね。

他のおせち料理はどんな縁起を担いでいるの?

  • たたきごぼう:ごぼうが根をはる野菜の為、家が根を張って安泰を願う
  • 栗きんとん:金運上昇を願う(きんとん=金団と漢字で書く)
  • 紅白かまぼこ:紅白という色が縁起がいい(赤は魔除け、白は神聖という意)
  • 昆布巻き:子生という字をあてて子孫繁栄の意
  • 紅白なます:紅白の色は水引を表していて、平和で安泰な一年を願う
  • ちょろぎ:漢字で「長老木」と書き長寿を願う
  • 酢蓮(れんこん):昔から汚れのない植物と言われていたため
  • 菊花かぶ:菊が長寿を連想する花の為
  • 煮しめ:「色んな野菜が調和した料理=家族仲良く」の意
  • 海老:腰が曲がるまで長生きをするという長寿を祈る意
  • ぶり:ぶりは出世魚のため、出世を願って
  • 鯛;めでたいという語呂合わせ
  • うなぎ: うなぎのぼりという言葉にあやかって出世を願う意

まとめ

記事を書いておせち料理は本当に縁起を担いでいる料理を詰めている料理だなと思いました。

縁起とは科学的な根拠は何もありませんが、気分的な効果って意外と大きいと思うんです。メンタル部分でポジティブに1年過ごせるようにという意味も踏まえて正月のおせち料理を食べる時は「こういう意味で食べるんだ」と頭のなかで考えながら食べると効果があるかもしれませんね。

スポンサードリンク