Column Navi

日常生活のささやかな豆知識をあなたに

傘の進化はいつ来るの?実は来ていたという話

     梅雨

傘の画像
「傘っていつまで経っても進化しないよな・・・。」

こう思っている人多くないですか?雨の日が億劫なのって傘が原因だったりすると私は思います。片手が傘によって塞がってしまい少し強い風が吹いたりしたら飛ばされないようにちょっと気を使いますよね?

傘の進化はいつ来るのか?と思っていたら来ていました!

今回は新しい傘について記事にしていきたいと思います。

▶ 雨具の撥水効果を復活させる方法はあるのか?

スポンサードリンク

雨傘の歴史は18世紀から

傘の歴史ってもっと古いのですが、雨を防ぐための傘という用途で使われるようになったのは18世紀からだと言われています。

傘自体は4000年前からあったのですが、その時の用途としては貴族の夫人たちが外出する際に日よけとして使われていたようです。

日傘のほうが歴史が古いんですね。ちょっと驚きです。

傘はすでに完成された形だから進化しないと言われている

文明の発展ってある程度行き着くとそこからは進化が鈍くなると言われています。つまり人類の発想では傘は今の状態が一番適切な状態だと思っているから進化しないのでしょう。

傘という形は相変わらずですが、ちょこちょこと進化はしているみたいです。面白いなと思った傘をまとめてみました。

逆さまに開く傘

雨の日に傘を閉じた時に濡れた傘って結構うっとうしいですよね?濡れている面を内側にしてしまえば、水に濡れた傘が気にならないのではないかという発想の傘です。

確かにとても良い発想なのですが、傘を閉じた時の状態が私は不満ですね。傘って棒のようにコンパクトになるところがいいと思うのですが、この場合棒のような形状にならないのが欠点ですね。

逆傘の画像

こういう状態になるので、扱いづらいかなと思ってしまいます。

まだ未完成だけれど最強の傘誕生その名も『エアーアンブレラ』

エアアンブレラ

出典:kickstarter.com

コレはもし実用化されたら傘の大きな進化系だと思います。棒のような形状ですが、空気を吹き出して雨をシャットアウトする発想ですね。

これだと、邪魔にならないし濡れた傘のように処理に困りません。

気になる値段お値段ですが、予定価格を見るに、1万ちょいといったところですが、この値段なら欲しいですね。でもこの値段では開発コスト的にもうちょい高くしないと採算がとれなさそうです。

あとは稼働時間がそんなに長くないところですね。バッテリ寿命が30分ではさすがに実用性に乏しいと言わざる得ません。

後は空気で水を飛ばすわけですが、周りに迷惑がかからないかという部分も少し心配です。周りに雨水を飛び散らかす傘だったらただの迷惑にしかなりませんからね。

バッテリが2時間程度持つようになって、器具の重さが気にならないレベルだったら2.3万でも売れると思うんですが、今後の動向が気になる商品でした。

▶ 北海道には梅雨の時期がないというのは嘘?実はある?

スポンサードリンク