Column Navi

日常生活のささやかな豆知識をあなたに

ホワイトデーのお返しにギフト券や金券を贈るのはOK?

ホワイトデーのプレゼントを渡している画像

「ホワイトデーのお返しを考えるのが面倒くさいから金券やギフト券を贈るのはあり?」

ホワイトデーのお返しって何をあげたらいいかとても難しい問題です。

とくに社会にでてからというも義理で貰ったりする機会も増えてしまい、相手のことがよくわからないと尚更何をあげたらいいかわからなくなってしまいます。

そういう時にふと思いつくあるプレゼント。『ギフト券』。ギフトカードを贈って後は女性の方に好きなモノを選べばいいというとても効率的なプレゼント。

とても効率的ですが、心はこもっていないと感じてしまいがちですね。

今回は『ホワイトデーにギフト券を送る』というお返しは喜ばれるのか?それとも、がっかりされるのか記事にしてみました。

スポンサードリンク

ギフト券を贈るのはアリだと思う女性はこう考える

OKサインをする女性

「お菓子はカロリーが気になる。でも食べなければ申し訳ないから困る」

ホワイトデーのお返しの定番であるお菓子類。しかしダイエットをしている女性にとってお菓子って天敵ですよね。

誘惑に負けて食べてしまう。ダイエットしていなくても義理で贈ったチョコの分お返しが帰ってくるとなると結構な量のお菓子が手元にある場合も・・・。

なのでお菓子よりはギフト券の方が嬉しいと思う女性はいます。

また男性の選んだ品物のセンスが悪くて折角貰った小物やアクセサリーだけれど、あまり付けたくないと思う女性もいます。

「だったら自分で選ばせて欲しい」

こう考える女性はギフト券や金券はOKな人だと思います。

ギフト券を贈るのはナシだと思う女性はこう考える

NGサインをする女性

「お金じゃなくて、相手の気持ちがこもっているお返しが欲しい」

そう思う女性も大勢います。それにギフト券とか金券って目に見えて金額がわかってしまうのもマイナスですよね。

「あ~お返しはこの金額に設定したんだ」

と女性側に丸わかりになってしまう部分もあまりよろしくありません。女性側も相手が自分に使った金額を知りたくはないですしね。

また「選ぶのが面倒くさいという男の心情が見えてしまうのが嫌」という方も多くいます。実際金券やギフト券を贈る理由に面倒くさいという心情は含まれている事も多いので仕方がないことですが・・・。

スポンサードリンク

ギフト券や金券を贈るなら気持ちはしっかり伝えるべき

 ギフト券のサンプル画像

ただギフト券を贈るのではなく、その人の趣味にあったギフト券を贈るのがベストです。

本好きに図書券や甘いモノが好きな方にはハーゲンダッツのギフト券とかその人の事を理解していないと贈ることができないギフト券を贈るのがいいと思います。

後はギフト券を選んだ理由を正直に伝える事もいいと思います。

「プレゼント選びに自信がなかったから、ギフト券が一番喜んでもらえると思って選びました」

という素直な気持ちですね。

まとめ

相手がギフト券でもOKな女性とNGな女性なのかを判断するのが一番重要でしょう。

その女性のことをきちんと理解していればすぐにわかると思います。簡潔に判断するとしたら、「理性で行動するタイプはギフト券OK派」「感情で行動するタイプはギフト券NG派」だと思います。

あなたが渡す相手はどちらのタイプでしょうか?

スポンサードリンク