Column Navi

日常生活のささやかな豆知識をあなたに

子どもが喜ぶクリスマスプレゼントを選ぶコツは?

     クリスマス

クリスマスプレゼント

「子どものクリスマスプレゼント何を買うか迷う」

という親御さんは多くいると思います。子どもって結構正直でそれが残酷だったりするもので欲しくないものを贈られても「いらない!」とバッサリ切り捨ててきます。

親としては子どもにそうはっきり言われるとむっとしてしまうのですが、それは子どものせいではなくてあなたのリサーチ不足が招いた結果だと思います。

私の子どもの頃の思い出からしてこんなクリスマスプレゼント貰ってもガッカリだった!と思うのは1回だけですね。今回はその話も含めて子どもに贈るクリスマスプレゼントをはずさないコツについて記事にしたいと思います。

スポンサードリンク

基本的に子どもに直接何が欲しいか聞くべき!

1を示す手

子どもが喜ばないプレゼントを選んでしまう一番の理由は「子どもが本当に欲しい物をリサーチできていない」からです。

リサーチしようとネットで検索されてこの記事を見ていると思いますがその行動は間違っています。

何故か?

だって私を含めてそういう記事を書いている人はあなたの子どもがどういう風な子どもか知らないからです。

そんな人達が紹介するあたかも今の流行りのおもちゃなどを鵜呑みにして購入するという行為って本当に子どもが欲しい物リサーチできていると思いますか?私は思いません。

全国の子どもたちが喜びそうなプレゼントの傾向としては正しい記事だと思うのですが、ピンポイントであなたの子どもが喜ぶプレゼントを言い当てることは不可能です。

「子どもが喜ぶプレゼントってどうやって調べればいいの?」

簡単な事だと思います。直接子どもに聞きましょう。子どもの目の前でクリスマスの広告をちらつかせて「○○ちゃんはどんなおもちゃが好きかな?」とか聞けば子どもは喜々として欲しいおもちゃを必死に選びます。

私の子供の頃はおもちゃが載っている広告がとても大好きでした。新聞は読みませんでしたがいつも広告は広げて楽しそうに読んでいた記憶があります。

広告から子どもに買っても良さそうなおもちゃを選んでそれをクリスマスプレゼントにする。これが一番確実な方法だと思いますよ。

チラシで欲しいものを誘導することもできます

ゲームソフトのチラシを見せて「どのゲームが欲しい?」と聞けば子どもは間違いなくゲームソフトからプレゼントを選ぶと思います。

またスポーツ用品のチラシなどを見せればサッカーボールとか格好いい運動靴やグローブ、自転車などスポーツに関する器具からプレゼントを選ぶと思います。

子どもがゲームばかりして困る家庭ではゲームソフトは避けたいですよね?そういう時は上手くチラシで誘導してあげるのが良いと思います。

ただ、元々運動が好きじゃない子にスポーツ用品のチラシ見せても興味沸かないですよね?ある程度子どもが好きそうなもの、興味ありそうなものは親ならわかると思うので上手く誘導してあげてください。

チラシでなくたってなんでもいいです。おもちゃの雑誌やゲームソフトの情報が載っている雑誌、ネットのサイトで欲しそうなものを尋ねてみるのもいいと思いますよ。

スポンサードリンク

サンタさんから贈るプレゼントはどうすればいい?

調べる女性

「サンタさんからプレゼントを贈る設定の場合直接は聞けません」

確かにその通りですね。「何で親に言わなければいけないの?サンタさんにお願いすればいいんでしょ?」と子どもに言われて聞けずじまいで適当なプレゼントを選ぶ羽目になってしまった。

などという親もいると思います。こういう場合はちょっとだけ工夫を凝らしましょう。

「サンタさんにお願いごとの手紙を書かせる」

これは私の親がしていたことですが、部屋に欲しい物を書かせて貼り付けていました。そうすることでサンタさんが夜プレゼントをくれるよという言葉を小6まで信じていました。

この場合は子どもが欲しいプレゼントを直接書いているのでほぼ100%喜ぶのは間違いありません。

私は自分の親にしてもらったことを活かして子どもにサンタさんの手紙を書かせています。「切手を貼って郵便ポストに入れておくね」と嘘を言っておいて子どもには欲しい物を書かせています。

直接部屋に貼っておく場合もいいのですが、直前で内容を変えた事あるんですよ。でも親は既にプレゼントを買っている為に変更が効きませんよね?そういう不具合を防ぐためにもそういう手段をとっています。

私の親が私にしてくれたクリスマスの思い出

思い出

私の親は正直凄いなと思うクリスマスの思い出を話します。

何がすごかったかというと「親からのプレゼント」「サンタさんからのプレゼント」の2つを小6まで常に用意してくれていたことですね。

「ケチな私達が2個もプレゼント用意すると思う?」

この言葉を完全に信じちゃいました。確かに2つも用意するのは馬鹿らしいよな。サンタさんはいるんだな!って・・・。

お陰で私は小6までサンタさんを信じてしまうという事態に陥るわけです。

色々子どもにしてあげることを一生懸命考えてくれていた私の親ですが、1度だけ幼稚園の時に私がクリスマスプレゼントでがっかりした思い出があります。どういうガッカリでしょうか?

私が欲しかったクリスマスプレゼントを間違えてしまったのです。

当時幼稚園で人気だったのはファミコンソフトの仮面ライダー倶楽部というゲームでした。

当時大事人気で友達の家でやって凄く欲しがった記憶があります。これを欲しいと私は親に頼みました。その結果親がくれたプレゼントが・・・

【出典】http://retotic.ocnk.net/product/3413

【出典】http://retotic.ocnk.net/product/3413

仮面ライダーとウルトラマンを間違えてしまったんですね・・・。私が大泣きした記憶があります。

プレゼントを買う時にそのものに疎いとたまにこういうミスを犯してしまいます。間違えないように心がけたいですね。

まとめ

ネットには子どもが喜びそうなクリスマスプレゼントの情報がたくさん出ています。しかしほとんどの場合が今流行のおもちゃの情報です。

あなたのお子さんを一番近くで見ているのは紛れも無くあなたなのですから、子どもが喜ぶものはあなたが一番知ることが出来る立場にいるので、ネットの情報にダマされないようにして子どもが喜ぶプレゼントを探してあげてくださいね。

スポンサードリンク