Column Navi

日常生活のささやかな豆知識をあなたに

妻が喜ぶクリスマスプレゼントと気になる予算は?

     クリスマス

プレゼントを渡す彼氏

「妻にクリスマスプレゼントを贈ろうと思うけれど何を贈ればいいか・・・」

結婚しても相手の喜ぶプレゼントを贈りたい。そう思うあなたは素敵な人だと思います。男に多いですが、結婚した後は妻を結構ぞんざいに扱う人多いですからね。

しかし女性に下手なものを贈ると喜ぶどころか怒られることもある始末。高価なものを贈ったら逆に勿体無いと怒られた人もいるから慎重に選ばなければいけません。

今回は妻へ贈るクリスマスプレゼントの予算とどんなものを贈れば喜ぶかというお話をしたいと思います。

スポンサードリンク

私たち夫婦は今でもクリスマスプレゼント交換をしています

プレゼントの画像

旦那へのクリスマスプレゼントの選び方の記事で書きましたが、結婚しても私は妻にプレゼントを贈っています。

これは私の両親を反面教師に見ていたから意図的にしていることだったりします。私の両親って子供目線からするとプレゼントとか全然しないし、とにかく平坦な夫婦生活をしている印象だったんです。

好きで付き合ってその結果結婚したのに、何か最終的にはお互いそういう風な関係になるのは淋しいなと感じましたので。

なので、結婚してからも毎年クリスマスプレゼントと誕生日プレゼントは欠かさずに贈っています。

しかし選ぶのが本当に大変なんですよね・・・。喜んでもらうアイテムって結構難しかったりします。

スポンサードリンク

妻へのプレゼントの予算は?

高価なものほど良いというのは大間違い!

これは最初の頃に私が失敗した話です。5万円以上するブランドバッグをプレゼントしたんですよ。ネットで調べて妻が喜びそうなバッグを・・・。

喜んでもらえると思うじゃないですか?怒られました。理由はそんなものにお金をかけるならもっと必要なものあるでしょ!子どものお買い物じゃないのよ!と・・・。

確かにそうなんです。「プレゼント=アクセサリーやブランド品」みたいな固定観念で結婚前は贈っていてそれで喜んで貰えていたためその流れで何も考えずに選んでいました。

しかし立場がもう変わっているんですよね。段々リアリティというのでしょうか?実用的なプレゼントの方が喜ばれる事に気づきませんでした。

家庭の経済状況を踏まえて無理なものは買わない。普段欲しがっていたものをしっかり覚えておいてそれをプレゼントするというのが大事だと思います。

そんな我家のクリスマスプレゼントの予算は1万円~2万円あたりに毎年落ち着いています。ボーナスがあまり出ない年は1万円になってしまいます。

妻が喜ぶクリスマスプレゼントとは?

ブランドバッグや財布

財布の画像

「ちょっと待って!私はバッグを贈って怒られたんですけれど」

と思ってしまいました。私も昔はネットでありがちなものを適当に選んでしまい妻の事を見ていなかったという過ちがあります。

あなたの妻が普段からバッグを欲しがっていたらアリなんですよ。私の妻はそういうブランド物よりも実用品を好んでいたと言うわけです。

これは普段の二人の日常会話などでどういうタイプの女性かというのはわかっていると思います。ちょっとオシャレなブランドや財布が欲しいなと呟いている妻ならこれで決まりでしょう!

ココで注意点は恋人同士ではなく同じ財布から出費されるプレゼントです。妻が本当に欲しいものかどうかをきちんと確認した方がいいと思います。

恋人同士の時は怒らなくても妻の立場に変わったら自分の趣味ではない財布やブランドバッグを贈ると怒る人もいると思います。

不安だったら直接聞いちゃいましょう!

美容グッズ

エステ通いの女性

これも結構注意が必要です。

私は恐れ多くてこの手のタイプのグッズは避けます。例えばダイエットグッズをプレゼントのしたらこう言われる危険を感じるからです。

「私は太ってないわよ!そういう風に見ていたの?」

また、化粧品とかお肌に良いとされるグッズを贈ってみたらどう言われるか想像してみると・・・。

「そんなに老けて見えるの?」

と逆に嫌味に思われてしまいそうで避けてしまうのが美容系のグッズですね。なので私なら健康グッズの方に逃げてしまうと思います。

足マッサージ機とかマッサージチェアーとかですね。普段から家事を頑張っている妻に向けてご苦労様という気持ちを込めると同時に自分も使えるし便利だなという邪な狙いも込めて。

家電

TV

「新しく買い替えたい生活家電」

これって妻へのプレゼントなのかな?と不思議に思ってしまうのですが、実用性のあるプレゼントを欲しがる妻の場合喜ぶんですよね。

数年前に私がダイソンの掃除機をプレゼントしたところ喜ぶんですよ。ブランドバッグを贈って怒られて、掃除機をプレゼントすると喜ぶ妻。私には何が正解かよくわからなくなりました。(笑)

子どもがいる家庭なら1日面倒を見る券

「肩たたき券のようなもの?」

と思ってしまうかもしれませんがちょっと違います。小さい子どもがいると自分の時間が失われてしまうのは仕方がない事だと思います。

そういう妻に「1日面倒を見るから友達と遊んでおいで」ということでちょっとオシャレなホテルのペアランチ券を贈ってみるというのはどうでしょうか?

幼稚園程度の子どもだと本当母親はつきっきりで大変でストレス溜めている人も多いので意外性のあるプレゼントであり、「私の事よく見ている」と喜ばれると思います。

まとめ

プレゼントを贈る時の鉄則はネットのランキングをアテにしないことです。

プレゼントの例として参考にする程度にして「妻にこのプレゼントを贈ったらどんな反応をするだろう」というシミュレートをした結果喜ばれると思ったものを贈るのがベストだと思います。

スポンサードリンク