Column Navi

日常生活のささやかな豆知識をあなたに

クリスマスパーティーは24日と25日、いつやるのが正解?

     クリスマス

パーティーの画像

「クリスマスパーティーって24日と25日どっちにするのが普通なの?」

クリスマスパーティーを開こうと思った時にどちらの日にちですればいいのか悩んでしまいますよね?

クリスマスと言えば25日でクリスマスイブが24日というのは誰でも知っていると思います。でも何となくパーティーを開くのは24日の方が多いような。

そもそも日本でクリスマスって25日というよりも24日という印象が強いと思います。

今回はクリスマスパーティーをいつ開こうか悩んでいる人の為に最適な日にちについて考察していきたいと思います。

スポンサードリンク

キリスト教的に考える正確なクリスマスとは24日の日没から!

ポイント

クリスマスと言えばキリスト教のイベントだということで、キリスト教的にはどのような解釈をされているのか考えてみたいと思います。

実はキリスト教に先立つユダヤ教の暦法やローマ帝国の暦法、それらを引き継いだ教会暦では1日の境目は日没としていたんです。

つまり24日の日没から25日の日没の間が当時で言うクリスマス(降誕祭)ということになるわけです。

なので24日の夜から既にクリスマスという解釈になり、25日の夜はクリスマスの次の日という解釈になるわけです。

こう考えるとクリスマスパーティーは24日にするのが正しいあり方かな?と感じてしまいますね。

スポンサードリンク

いつクリスマスパーティーをしても問題なし!

クリスマスツリー

「24日の夜は恋人と過ごしたいからクリスマスパーティーはできない」

そういう人もいると思います。家族で毎年クリスマスパーティーをしていても、いつかは子どもが恋人を作りそちらを優先するようになると思います。

しかし日本人の多くはキリスト教徒ではなく、ただイベントとしてクリスマスを楽しんでいると思います。

宗教的な理由でクリスマスパーティーを開きたいなら正式な日にちを気にする必要がありますが、殆どの日本人はそうではないですよね?

なので23日にしても25日にしても全然問題ありません。パーティーに参加する人たちと相談して一番都合がいい日にするのが正しい日にちの決め方だと思います。

今でも少し後悔する実家でのクリスマスパーティー

うちの家庭では24日に子供の頃から毎年クリスマスは少し豪華な夕食やケーキが出てきて食べ終わったらゲーム大会で盛り上がっていました。

しかし大人になるに連れ、だんだん24日は友達や恋人との約束を優先するようになり私が高校3年ぐらいの時には自然消滅していました。

今思うと少し後悔しています。私の両親は子どもが喜ぶようにクリスマスに色々頑張ってくれていたんです。10年以上もクリスマスが楽しかったのは両親のおかげだったと思います。

23日や25日を開けておいてもしくはその付近の週末に家族水入らずのクリスマスパーティーを開けていたら良かったなと今では思います。

ぼっちクリスマスを紛らわす為のクリスマスパーティーは24日が絶対条件!

クリスマスツリーの画像

彼氏や彼女がいない友人たちが集まってパーティーするなら24日ですね。

24日の夜に一人でいるのって精神的にクるものがあります。特に10代後半~20代前半は淋しい思いをします。

そういう淋しさを紛らわしたいためにクリスマスパーティーを開催するなら24日にパーティーを開かなければ意味がありません。

恋人がいない勝手知ったる友人たちと「カップル爆発しろ!」と恨み節を呟きながらクリスマスの淋しさを騒ぎましょう。

私は恋人も大切だと思いますが、そうやって騒げる友人の存在も大事だと思います30過ぎるとどんどん疎遠になってしまう存在ですので大切にしましょうね。

結論:クリスマスパーティーはいつ行ってもいい!

指をさす男性

24日にクリスマスパーティーをするのが正しいかもしれません。しかし本当の正解はそうではなく参加する人の都合のいい日に合わせてワイワイ楽しく騒ぐことだと思います。

2016年にクリスマスパーティーをするなら12月23日(金)、12月24日(土)。12月25日(日)ですね。丁度週末がクリスマスになっているのでこの3日間で一番都合がいい日を選びましょう。

スポンサードリンク