かぼちゃの皮が白い?雪化粧かぼちゃってご存知ですか?

白いかぼちゃ

甘味と濃厚な味わいが魅力的なかぼちゃ。日本でも馴染み深い野菜として古くから親しまれています。

そんなかぼちゃと言えば「緑色の皮」がスタンダートですよね。でも皮が白いかぼちゃがある事をご存知でしょうか。

それが「雪化粧かぼちゃ」です。雪化粧かぼちゃという品種についてご紹介します。

▶ かぼちゃの名前の由来はカンボジア? 日本にかぼちゃが来た話

スポンサードリンク

かぼちゃの皮は緑色だけれど皮が白い雪化粧かぼちゃとは?

ポイント女性

緑色の皮が当たり前となっているかぼちゃ。しかし皮が白い雪化粧かぼちゃという品種があるのです。雪化粧は株式会社サカタのタネから販売されている白皮栗南瓜という品種の一種です。

雪化粧かぼちゃは一代交配種となるF1品種となっており、種を庭などに植えても生実させる事が困難となっている品種です。

貯蔵性に優れており3か月程の日持ちとなります。その為、一般的なかぼちゃが品薄となる頃に北海道産が出荷されます。

貯蔵を行っている間もより糖度が増してくるので甘味を堪能出来る品種です。果肉の色合いはやや薄黄色となっていますが、加熱すると甘味を十分に楽しめる品種です。

スポンサードリンク

雪化粧かぼちゃよりも真っ白なかぼちゃの種類もある?

外国人が考える

雪化粧かぼちゃよりも真っ白なかぼちゃがあるのです。それが「伯爵かぼちゃ」です。伯爵かぼちゃは宮城県の渡辺採種場が「松島交配」というブランドで販売している品種です。

長期保存に優れており、甘味が強い特徴があります。

果肉は美しい黄色となっており、皮の白色と果肉の色合いのコントラストが魅力的とも言えます。完熟される程甘味も強まり、ホクホク感も楽しめるとして煮物等にもピッタリです。

スポンサードリンク

普通のかぼちゃと雪化粧かぼちゃ味などの違いはあるの?

悩む男性

一般的に食べられている普通のかぼちゃと雪化粧かぼの違いは色の違いだけではありません。

まずは皮の白さです。これはでんぷんによるものとなっており、加熱すると緑色に変化します。

次に食味です。

雪化粧かぼちゃは貯蔵される程甘味が増すので、より甘味を楽しむ事が出来ます。ホクホク感もしっかりとしており、シンプルな料理からスイーツまで幅広いレシピで大活躍しています。

次に貯蔵に優れている面です。

雪化粧かぼちゃは3か月程も日持ちするとして貯蔵性に優れた品種です。

雪化粧かぼちゃは7~8月頃に収獲されますが、すぐに流通される事がなく貯蔵され、甘味が十分に蓄えられてから出荷されています。

その為、かぼちゃが品薄となる夏場過ぎになっても流通している事で人気が高まっています。

あとがき

皮が白いというと普通のかぼちゃよりも薄味と捉えてしまいますが、より甘味を楽しめる品種となっています。

甘味だけでなく食感や貯蔵性に優れている面が多くの方から人気となっているのです。

外皮の白さが魅力ともなる雪化粧かぼちゃや白いかぼちゃの品種を味わってみては如何でしょか。

▶ かぼちゃの皮の栄養と農薬の心配は?正しい洗い方をすれば平気?
▶ スーパーなどで購入したかぼちゃの種を植えると発芽するの?
▶ かぼちゃの煮物は日持ちする?冷凍保存は可能なの?
▶ かぼちゃの種類は大きく分けて4つ! それぞれの品種を簡単に紹介!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください