アボカドの最適な保存方法は?日持ちするコツってないの?

アボカド

濃厚な味わいが魅力的なアボカド。健康にも美容にも優れた食材として多くの女性から人気が高まっていますよね。

さて、アボカドを購入された方はどのように保存されていらっしゃいますか。アボカドを常温で保存したり、冷蔵庫で保存したりとさまざまではないでしょうか。

そこで今回は【アボカドの最適な保存方法とは?】【アボカドを日持ちさせるコツとは?】についてご紹介します。

▶ アボカドの皮むきのコツは?身近なもので簡単に剥けるって本当?

スポンサードリンク

アボカドの保存期間について

アボカド

常温

アボカドは常温保存が可能となっています。

寧ろ、しっかりと完熟されていないアボカドは皮が黒くなるまで常温で保存させると食べ頃になります。

丸ごとの状態のアボカドでは1週間程の保存期間となります。切った状態では変色が起こってしまいますので、1日程の保存期間となります。

冷蔵庫

アボカドは冷蔵庫で保存する事が可能となっています。しかしアボカドの冷蔵保存はあまり良い方法とは言えません。

アボカドは、5℃以下で保存されると低温障害が発生し、風味や美味しさが損なわれてしまいます。

さらにアボカドはしっかりと熟成させないと固さや美味しさが半減してしまいます。冷蔵庫で保存させると、追熟が止まってしまいます。

追熟し過ぎたアボカドであれば、冷蔵保存がおススメとなりますが、常温保存と保存期間がほとんど変わりません。

アボカドの冷蔵保存は1週間程の保存期間となります。

冷凍庫

アボカドは冷凍保存も可能となっています。

冷凍保存させる場合には、食べやすい大きさにカットし、レモン汁や酢、オリーブオイルを塗して変色防止を行います。

そして密閉性の高い袋に入れる事で冷凍保存が可能となります。アボカドをペーストにし、密閉性の高い袋に入れる事で保存が可能となります。

冷凍保存では1~3か月程の保存期間となります。

スポンサードリンク

アボカドはどういう風にすれば日持ちする?コツはないの?

ポイント

アボカドの保存期間は1週間程で冷凍保存だと3カ月程となります。しかし、もっと長い期間保存したいと感じますよね。

そんな日持ちさせるコツもあります。それは真空パックです。

真空パックにする事で袋内の酸素が無くなり、酸化防止の役目となるのです。真空パックにする事で、保存期間が5倍も長くする事ができます。

真空パックはストローで吸い出す事でも可能となりますが、家庭用の真空パック機も販売されています。

こんなアボカドは食べてはいけないっていう状態は?

いらない画像

アボカドだって悪くなったり腐ったりします。ではどんな状態が食べてはいけないのかご紹介します。

※カビが生えている状態
※異臭がする
※変な汁が出ている

アボカドが変色しないように防ぐ方法はないの?

アボカドの皮を剥くとだんだん変色してきてしまいますよね。これでは見た目も悪いですし、お客様に提供する事もできませんね。

ではアボカドの変色を防ぐ方法が無いのかが気に掛かりますよね。

▶ アボカドは変色しても食べれるの?防止する方法は?

あとがき

アボカドは追熟が進んでいない状態だと常温保存が最も良い方法と言えますね。冷蔵保存もできますし、冷凍保存だと3カ月程の保存が可能となります。

袋を真空状態にすると、より日持ちさせる事ができますが、食べてはいけない状態もあるので、しっかりと確認してから食べるとよいですね。

▶ アボカドの皮や種って食べられるの?毒とかないの?
▶ アボカドは生で食べる?加熱する?栄養価が変わるって本当?
▶ アボカドは野菜?それとも果物?あなたはどっちだと思いますか?

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください