Column Navi

日常生活のささやかな豆知識をあなたに

モロヘイヤは生食OK?スムージーやサラダにしてもいいの?


青汁

栄養満点でネバネバとしたモロヘイヤは大人気な食材ともなっています。健康面だけでなく美容面にとっても大きな効果得られるが事で高い注目を浴びていますよね。

そんなモロヘイヤは加熱して食べる事が多い為「生食でも大丈夫?」と思ってしまいますよね、モロヘイヤは生食でも食べる事が出来るのかについてご紹介致します。

▶ モロヘイヤの種や茎には毒性はあるって本当?家庭菜園は注意!

モロヘイヤは生食しても大丈夫なの?

考える女性

モロヘイヤを食べる際は茹でたりする事が多いですよね。でもフレッシュに生でたべたいと感じている方も多いですよね。

しかしモロヘイヤは名熱して食べられる事がほとんどですよね。勿論モロヘイヤは生で食べる事も出来る野菜なのです。

モロヘイヤ毒性を含んでいる事で「問題ないの?」と心配になってしまいます。

しかしモロヘイヤの毒性は収穫時期や間違った収獲方法となる事で中毒症状を引き起こしてしまうのです。

市販で売られているモロヘイヤはプロによる収穫となる事で、毒性が無いモロヘイヤとなっているので安心して食べる事が出来ます。

野菜の多くは加熱する事で栄養成分が半減してしまうと言われていますよね。

モロヘイヤも加熱してしまうと、栄養成分が逃げ出してしまうので、より多くの栄養成分を摂取したいのであれば生食がおススメとなります。

古代エジプトにおいてもモロヘイヤは「王様の野菜」と言われており、病気を治す程の栄養が含まれている食材としても扱われており、生食で味わいたい野菜なのです。

スポンサードリンク

モロヘイヤは生で食べるとシュウ酸が気になる?

モロヘイヤ

モロヘイヤは毒性がある野菜となっていますが、購入して食べているモロヘイヤは全く問題ありません。

それよりも気に掛かる成分が含まれています。それはシュウ酸です。

シュウ酸は体内中のカルシウムと結合する性質があり、結石の原因となってしまいます。

このシュウ酸は水溶性の成分となっている事で、茹でる事で70~80%カット出来る事で、モロヘイヤは加熱して食べられる事が多いのです。

その為、生食で食べるとシュウ酸が気に掛かってしまいますね。

でもモロヘイヤに含まれているシュウ酸量は少ないのです。

生食で食べる事が多いキャベツよりもシュウ酸量が少ないので、生食でも安心して食べる事が出来るのです。

▶ モロヘイヤのネバネバはムチンという成分!食べ過ぎるとどうなる?

モロヘイヤを生食するならどういう風に食べる?

ポイント女性

モロヘイヤは生食で食べる事で、より栄養成分を摂取する事が出来ます。

まずはジュースがおススメな食べ方の一つです。

モロヘイヤには若干苦味があるので、人参やりんごといった甘味のある食材と一緒にジュースにする事で美味しく摂取する事が出来ますね。

またサラダでも美味しく味わう事が出来ます。

フレッシュなトマトやレタス、パプリカといった食材と一緒にサラダにする事で、たっぷりの栄養を摂取する事が出来ますね。

あとがき

これまで生食で食べる事が少ないと思われるモロヘイヤですが、生食でも毒性やシュウ酸の摂取の心配はほとんどありません。

加熱よりも生食の方が、より栄養成分を摂取する事も出来るので、ジュースやスムージー、サラダといったあらゆる調理法で積極的に摂取したいですね。

▶ モロヘイヤは冬でも食べることができるの?どこで買えばいいの?

スポンサードリンク