ベッドをマットレスのみで使用した時のメリットとデメリットは?

ベッド

敷布団では無く、ベッドで睡眠を摂っている方も多くいらっしゃいますよね。ベッドは睡眠するだけの道具だけではなく、オシャレなインテリアとしても活用する事ができます。

さて、ベッド寝ている方に質問ですが、ベッドフレームを使用せずマットレスのみで就寝している方はいらっしゃいますか。

今回は【ベッドをマットレスだけで使用した時に起こるメリットとデメリットとは?】という事に触れてみたいと思います。

▶ ダブルベッドとツインベッドの違いとは?夫婦の寝室はどっちがいい?

スポンサードリンク

マットレスのみ使用時のメリットとは?

ポイント

ギシギシ音がしない

マットレスのみで寝る時のメリットの一つとしてギシギシ温がしないという事があります。

ベッドで寝ている方であれば寝返りを行った時やベッドに入ろうとした時にギシギシとした音を聞となりますね。

このギシギシ音の原因の一つとしてベッドフレームの不具合があります。ネジの緩みやベッドフレームのひび割れもこの原因となってしまい、耳障りとなってしまう事があります。

その為、マットレスのみで就寝するとギシギシ音を気に掛ける事なく就寝する事ができますね。

ただ、マットレスにスプリングが内臓されている場合は、このスプリングの劣化によりギシギシとした音がする事もあります。

▶ ベッドがギシギシうるさい!音がしないように改善する方法とは?

移動などがしやすい

部屋の模様替えの為にベッドを移動させる事もありますよね。そうなると、ベッドフレームを移動させるのは重労働となってしまいます。

しかし、マットレスだけで就寝しているとマットレスだけを移動させればよいので、移動が楽になりますね。また、引っ越し時の入り口からの搬出を簡単に行う事ができます。

部屋が広く感じる

独り暮らしを行っている方の多くは間取りの狭い部屋で生活している事も珍しくないですよね。

そんな狭く限られたスペースにベッドフレームを設置してしまうと邪魔になったり、部屋が狭く感じられてしまいます。

マットレスだけで就寝すると高さが無いので、部屋が広く感じられ窮屈感を感じる事なく日常生活を過ごす事ができますね。

スポンサードリンク

マットレスのみ使用時のデメリットは?

頭を抱える女性

手入れをしないとカビが生える

ベッドフレームを使用せず、マットレスだけを使用した場合で気に掛かるのがカビとなります。人は就寝時多くの汗をかきます。

この汗が水蒸気となりマットレスに篭ると、マットレスの上部の下部の温度差によって結露ができ、湿気が発生します。

すると床に直置きされたマットレスの下部は通気性が悪い状態となっており、カビの原因となってしまいます。

マットレスのみで就寝する場合には、頻繁にマットレスを起こし、通気性を良くする事が大切ですね。

ホコリが気になる

マットレスを直置きしてしまうと、ホコリが堪り易い環境となってしまいます。ホコリの蓄積は喘息や気管支炎、アレルギー症状の原因となってしまいます。

マットレスのみを使用する際には、こまめな掃除を行う事が重要となってきます。

ベッドフレームの代用にはすのこがいい?

ポイント女性

部屋が狭い事で、ベッドフレームを使用しないという方も多いですよね。そんな時にお勧めなのが「すのこ」です。

すのこを敷くだけで、通気性が良く湿気を蓄積させない事でカビ対策となります。

また、すのこは移動にも楽となっているので、マットレスのみで就寝する方にとっては便利アイテムとなります。

あとがき

マットレスのみで就寝すると、部屋が広くなったり移動が楽というメリットがありますね。

ただ、マッドレスの直置きはカビの発生やホコリの蓄積とさまざまな原因に繋がり、健康被害となる恐れがあります。

マットレスのみで就寝する場合には、頻繁に掃除したりマッドレスを起こす事がとても重要となりますね。

▶ ベッドとベットはどっち正しい?実はベットが間違いというのは嘘?
▶ ベッドの底上げにはブロックやレンガ?他に何か良いものはない?

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください