Column Navi

日常生活のささやかな豆知識をあなたに

ごぼうの皮はむく?それともむかない?栄養はあるの?


ごぼう

きんぴらや煮物、柳川風に欠かせない食材ともなっているごぼう。独特な香りや食感が楽しめるとして、日本人に好まれる食材の一つです。

そんなごぼうを調理する際にしっかりと皮を剥いている方もいらっしゃいます。

そんなごぼうの皮は剥いた方が良いのか剥かない方が良いのか?そして皮に栄養があるのかについてご紹介します。

▶ ごぼうはあく抜きをするべきなの?しないほうがいいの?どっち?

スポンサードリンク

 

ごぼうの皮に含まれている栄養、またはなにか害になるものはあるの?

外国人が考える

ごぼうの皮は茶色く「土が付着している」と感じてしまい皮を剥いて調理される方もいらっしゃいます。しかし皮には栄養がたっぷりと含まれているのです。

まずごぼうの皮にはクロロゲンさんとおうポリフェノールが含まれているのです。クロロゲン酸には肝脂肪の蓄積を抑制する働きがあります。

肝脂肪が蓄積される事で、肝炎や糖尿病といった病気の併発にも繋がってしまいます。またクロロゲン酸は女性の天敵とも言えるシミやそばかすにも効果的となっています。

シミやそばかすは紫外線によるメラニン色素が原因の一つとなっています。

しかしクロロゲン酸にはメラニン色素から防護する働きがあり、強い抗酸化作用が期待出来るのです。

さらにごぼうに含まれている食物繊維には「リグニン」とおう成分が含まれており、癌細胞の発生の抑制にも効果的となっています。

そんな栄養がたっぷりと詰まったごぼうの皮ですが、ダイオキシン等による土壌汚染や塩素系農薬が付着している可能性もある為、しっかりと洗う事も必要とされてきます。

スポンサードリンク

ごぼうは皮をむいて調理するべきか?それともむかずに調理するべきか?

ごぼうの画像

ごぼうの皮はむいてから調理するという人の意見は?

ごぼうの皮をむいてから調理するという方もいらっしゃいますね。

まず皮付きだと料理の色自体も茶色くなってしまい、見た目の美しさが損なわれてしまいます。皮がある事で「土臭い」という方もおり、皮を剥いてから調理する方もおります。

ごぼうの皮はむかずに調理するという人の意見は?

ごぼうの皮を剥かずに調理するという方も多いですよね。

やっぱり皮を剥かない事でごぼう本来の香りや旨味を味わえる事で、そのまま調理さsれる方もいらっしゃいます。
また皮と身の色のアクセントも料理によっては必要ともなります。

なにより、皮に含まれている栄養素を知っている方は断然皮を剥かないで調理しますよね。

私はこうしています

私はきんぴらごぼうや煮物をよく作る機械がありますが、やはり皮は剥かないで調理します。

ごぼうといえば独特な香りがあってこそかと思います。

炒めている時や煮ている時に香るごぼうの香りが食欲を掻き立て、「早く食べたい」なんて気持ちにさせてくれますよね。

あとがき

ごぼうの皮には健康面や美容面に優れた成分が豊富となっており、剥かないで食べる事をお勧めしたいです。

でも皮に付着している汚染物質や農薬が気に掛かる方もいらっしゃいますよね。

皮を剥いても剥かなくてもごぼうは美味しく味わう事が出来るので、自身のニーズに合った食べ方で楽しく食す事が大切ですね。

▶ 土付きごぼうと洗いごぼうって何が違うの?
▶ ごぼうの種類や品種ってどのぐらいあるの?新ごぼうとは何が違うの?

スポンサードリンク