Column Navi

日常生活のささやかな豆知識をあなたに

花火大会は近隣住民にとっては迷惑でうるさい!何か良い対策は?

花火の画像

いざ花火大会の日がくると迷惑なことがたくさん起きて困ってしまうのが近隣住人の悩みです。

会場のすぐそばの住民に限らず、花火が見える場所なら広い範囲でトラブルが起こる可能性があります。

どんな被害が起こるのか、またその対策について考えてみましょう。

▶ 花火大会の男の服装は私服と甚平どっちが良い?

スポンサードリンク

花火大会で困ってしまう近隣住民はどんな方?

悩む女性

まずは花火そのものから受ける被害について考えます。花火の音はうるさいですよね?

音は近ければ近いほどかなりうるさく感じられ、窓ガラスや家全体が揺れることもあってちょっと怖い思いをしてしまうようです。花火を楽しむつもりでその住まいを選んだ方ならかなりがっかりな状況ですね。

特に迷惑に感じるのは赤ちゃんがいるところやお年寄りの方が住む家庭、静けさが必要となる塾や病院、カフェなどの商売をされている方ではないでしょうか。

花火大会に人が集まることで受ける被害は?

ポイント

花火大会にたくさんの人が集まることで、近隣住民がいつも乗っている公共の乗り物に乗れなくなったり、路上駐車の被害を受けることがあります。

町内会によってはコーンを立てたり見張りをして誘導する地域もありますが、その日のためにみんなで考えたり動いたりする労力は計り知れないものでしょう。

他にはゴミの問題もあります。持ち込んだペットボトルや食べ物の残りなどを地域のゴミ捨て場に捨てる人も出るため、花火大会の後にはそこら中ゴミだらけというケースもあるようです。

夜遅くまで人がうろうろしているせいで長時間に渡り騒々しく、落ち着いた生活は送れそうにありません。

スポンサードリンク

花火大会でテンションが上がる人達から受ける被害は?

テンション

夜のお出かけと言うのは妙にテンションが上がりますよね。花火大会ではお酒を飲む人もよく見かけます。

そんな人達が他の人とトラブルを起こしたり、近隣住民の車や建物に被害を与えるというケースもあります。

さらに、テンションが上がるのは大人だけではありません。

中高生がグループで集まって悪さをすることもあるでしょうし、そういったことを考えると地域の治安が乱されてしまうイベントと言えるのかもしれません。

花火大会での被害を軽くする対策とは?

よく見かけるのはパトロール活動です。

規模の小さい花火大会では学校の教師や保護者、町内会のメンバーなどで見回ることが多いようです。人の目があると防げることも多いのでその日のために準備をしておくといいですね。

近隣住民の敷地に入られたり路上駐車を防ぐにはコーンやテープで仕切るようにしましょう。ゴミ捨て場には「ゴミは捨てられません!」と見やすく表記し、ネットをかけておくようにしてください。

それでも置いていかれることもあると思うので、「防犯カメラ作動中」などといった看板をつけておくのも効果的です。

音や振動で家にいられないならその時間だけはあらかじめ外出しておいた方が無難ですね。

まとめ

花火大会を楽しむためにその住まいを選んだ方もいる一方で、知らずに住んでしまったり最近になって新たに花火大会が行われるようになったということもあると思います。

少しでもストレスなく過ごすには近隣住民の努力と楽しむ側の配慮が何よりも欠かせません。

スポンサードリンク