Column Navi

日常生活のささやかな豆知識をあなたに

学校のプールで日焼け止めを使うのは大丈夫?それとも禁止?

     プール

日焼け

「実は学校のプールでは日焼け止めを塗って入るのは禁止?」

という話はご存知でしょうか?

今の御時世、紫外線はとても強くて子供たちの健康に悪影響を及ぼす可能性もあります。そういった子供たちの健康を守る為に日焼け止めのクリームなどを使いたいですよね?

しかし学校では禁止にしているところもあります。どうして学校は日焼け止めのクリームなどを塗ることを禁止しているのでしょうか?調べてみました。

▶ 小学生のプールの授業で子供の髪型を簡単にまとめるには?

スポンサードリンク

学校のプールで日焼け止めを使うのが禁止される理由は?

考える女の子

一番の理由はプールの水が汚れるからです。

学校のプールの水は循環式で大きなゴミは濾過されて取り除かれたり、塩素によって消毒もされてはいますが、水全体の入れ替えは夏休みの中旬に一度行われる程度で、あとは少なくなった分を注ぎ足しています。

生徒数によりますが、全校生徒が日焼け止めをつけて入ると水質汚染されてしまうというわけです。

日焼け止めの成分は油分を多く含みますから、それが水に溶け出すと雑菌の繁殖の原因になると指摘されています。

雑菌は中耳炎の原因になりますので、その点を考えると日焼け止めが禁止されているのも無理はないように思います。

学校のプールで日焼け止めを塗ったほうがいい理由とは?

子どもとプール

しかしながら、今は昔のように小麦色の肌が健康な証拠などとは言っていられません。私たちが子どもの頃より、年々夏の日差しはきつくなり、紫外線も強くなっています。

アトピー性皮膚炎や紫外線アレルギーのお子さんは紫外線をほんの何十分か浴びるのも危険ですし、健康なお子さんでも、紫外線を浴び続けることによって、皮膚ガンリスクも高まることが証明されています。

女の子なら、お年頃になって子どもの頃のプールが原因でシミが出現するのを危惧する親御さんも当然いるでしょう。

屋内プールならまだしも、屋外にプールがある以上、全員一律に日焼け止め禁止としてしまうと、健康上の理由からプールに入れなくなる子が出てしまうのは自然の流れです。

親としては子供の健康を守るために日焼け止めを塗らせたいと考えることは至極普通の事だと思います。

スポンサードリンク

日焼け止めを塗るのは禁止、でも肌を日光に晒させたくない!どうすれば?

考える女性

日焼け止めをつけるリスクと紫外線を浴びるリスク、両方を考慮した上で日焼け止め対策をクリームを塗ることではなく、水着に工夫をして日焼け止めをつける面積を最小限に抑えることをお勧めします。

ラッシュガードタイプの水着なら、日焼け止めをつける必要がある部分は減ります。また最近はお子さん用のウォータープルーフの日焼け止めも発売されていますので、水に溶けにくい素材のものを選ぶのも大切です。

まとめ

学校側も「水着は一律」「日焼け止めは一律禁止」ではなく、そうした紫外線に敏感なお子さんの工夫を受け入れる姿勢が必要でしょう。

一番いいのは屋内にプールを作ることですが、今の校舎を活かすためにそれが無理なのですから、時代に合わせた柔軟な対応を検討して頂きたいと思います。

スポンサードリンク