えのきは生で食べられるの?生食用のえのきってあるって本当?

えのき茸

バター炒めやお味噌汁といったさまざまな料理で楽しむ事ができるえのき。比較的安価な事でお財布にも優しい食材ですよね。

えのきを食べる時って加熱するのがごく一般的ですよね。そんなえのきは「生で食べられるの?」と感じた方はいらっしゃいませんか?

今回は【えのきは生で食べられるのか?】【生食用のえのきってあるのか?】という事をご紹介いたします。

▶ えのき氷ってダイエットや病気に効果があるの?ないの?

スポンサードリンク

えのきは生でも食べられるの?生で食べたらどんな症状が起こる?

ポイント女性

普段から加熱して食べる事が多いえのき。そもそも、生で食べられるのかぎもんを感じた事がある方もいらっしゃいますよね。

【えのきは生でも食べる事ができます】。ただ、生で食べる事には条件があります。それは、獲れたてです。

えのきは水分率が85%ッとなっている事で、時間の経過と共に鮮度がすぐに落ちてしまいます。その為、生で食べるとしたら獲れたて新鮮な物だけとなっています。

しかし、えのきを始めキノコ類は菌で出来ている食材です。

生食で食べると食中毒症状が起こる可能性もあり、場合によっては腹痛や下痢、嘔吐といった症状が発生する場合もあります。

スポンサードリンク

えのきには毒素が含まれているって本当?

えのき茸

えのきはどの家庭でも当たり前に食べられている食材ですが、毒素が含まれている食材でもあります。えのきには【フラムトキシン】という毒素が含まれています。

この毒素が生食で食べる事で、食中毒の原因ともなります。しかし、えのきに毒素が含まれている事で「食べても大丈夫?」と心配になってしまいますよね。

このフラムトキシンは加熱すると分解される毒素となっています。

つまり、普段えのきを食べる時に過熱する事がほとんどと思われますが、加熱調理していれば全く問題の無い毒素となっているのです。

生食が可能なえのきってあるって本当?

OKをする女性

獲れたて新鮮なえのきであっても、食中毒が起こる可能性があります。そうなると「えのきは生食で食べる事ができない」と思ってしまいますよね。

でも、えのきを生食で食べる事もできるのです。

近年は、栽培技術の進歩によって、生食で食べる事ができるえのきも開発されています。このえのきの誕生によって刺身やサラダとえのきの料理のジャンルが無限となっています。

その為、基本的には「生食用」と記載されているえのきだけが生食可能となっており、記載されていないえのきは「加熱用」と捉えた方が良いですね。

▶ 生食用えのきの販売サイト

えのきは加熱しても中毒になる?

食べ過ぎた男性の画像

えのきをしっかりと加熱して食べても嘔吐や腹痛、下痢といった症状が現れるケースがあります。これは中毒症状ではなく、きのこアレルギーの反応となります。

しっかりと加熱したのに、中毒症状が出ていると勘違いしてしまう事もあるので、しっかりと認識する事が大切ですね。

あとがき

獲れたて新鮮なえのきであれば生食は可能となります。しかし、生食は食中毒の危険性もあるので、避けた方がよいと考えられます。

えのきを生食で食べたい方には「生食用」のえのきも販売されているので、安全に味わってみてはどうでしょうか。

▶ 乾燥えのきはダイエットに効果がある?電子レンジで作れるって本当?
▶ えのきの石づきはどこまで食べられる?密集部分の食べ方は?
▶ えのきの保存方法は冷凍?日持ちするおすすめの方法は?

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください