Column Navi

日常生活のささやかな豆知識をあなたに

柿の種にピーナッツが入っている理由は?必要?それとも不要?


柿の種

お酒のおつまみの定番は数多くありますが、やはり柿の種は欠かせない存在ですよね。煎餅のカリッとした食感とピーナッツのしょっぱさと風味がお酒にピッタリです。

そんな柿の種に何故ピーナッツが入っているのかご存知でしょうか。

柿のお種にピーナッツが入っている理由やピーナッツは必要なのかという事を考えていきたいと思います。

▶ 柿の種は辛いから苦手?辛味成分は何なの?

柿の種に含まれているピーナッツって何で入っているの?

ポイント

柿の種はピリッとした辛さと甘しょっぱさが魅力となっており、おやつは勿論お酒のお供の定番ですよね。

でも何故ピーナッツが入っているのか疑問に感じた方もいると思われます。

そもそも柿の種が発売されたのは1924年となっており、この時はピーナッツが入っていませんでした。ピーナッツ入りが発売されたのは1966年となっているのです。

このピーナッツが入った理由は諸説あります。

まず一つは柿の種を東京のホテルのバーで外国人にも提供出来るおつまみとしてピーナッツを入れた事がキッカケともなっているのです。

また煎餅の老舗でもある亀田製菓では柿の種だけでなく、ピーナッツの量り売りをしていた事があります。

その時に直売所で店番をしていた創業者の奥さんが柿の種とピーナッツを混ぜ、販売した所お客さんから評判となった事で柿の種にピーナッツを入れ販売するようになったとも言われています。

さまざまな所説によって柿の種にピーナッツが入り、今や大人気となっているのです。

柿の種のピーナッツの割合は?

柿の種に入っているピーナッツの割合をご存知でしょうか。

発売された当初はピーナッツの量は内容量の3割となっていましたが、現在は内容量の4割となっています。

発売された当初はピーナッツは高級品として扱われており、煎餅の方が多く入れられていたのです。

しかしピーナッツが安定して流通されるようになった事で、1割多く入れられ現在の割合となっているのです。

一時、煎餅とピーナッツの割合が5割ずつとなっていた時もありますが、この割合にした途端売り上げが減少してしまったそうです。

しかしピーナッツを4割にすると売り上げが上昇した事で、この割合が定着しているのです。

スポンサードリンク

柿の種のピーナッツはいるという人の意見は?

OKをする女性

柿の種にピーナッツは必要という方は多くいらっしゃいます。まず煎餅だけでは飽きてしまいますよね。

その口直しとしてピーナッツは最適ともなっています。

また煎餅の甘しょっぱさピーナッツとの塩気のバランスがピッタリという意見もあり、ピーナッツは欠かせない存在となっています。

柿の種のピーナッツはいらないという人の意見は?

いらない画像

柿の種にピーナッツはいらないという方もいらっしゃいます。まず煎餅のみを心行くまで堪能されたいという方がいらっしゃいますよね。

そして根本的にピーナッツが嫌いなんて意見の方もいらっしゃいます。

柿の種と言えば、ピーナッツ入りが定番ともなっていますが、ピーナッツはいらないなんて意見の方におススメな煎餅のみの柿の種も販売されているのです。

あとがき

柿の種に入っているピーナッツはさまざまな理由によって煎餅とのコンビになっているのです。

ピーナッツの割合もしっかりと定められており、現在の割合がバランスの良い分量となっています。

ピーナッツはいらないなんて方もいらっしゃいますが、ピーナッツ入りも魅力の一つとなっているのです。

▶ 柿の種は辛いから苦手?辛味成分は何なの?

スポンサードリンク