Column Navi

日常生活のささやかな豆知識をあなたに

うなぎは何歳から食べられる?アレルギーや注意する事は?


うなぎの画像

夏バテ予防や土用丑の日に食べる食材と言えばやはりうなぎですよね。ふっくらとした身と香ばしく焼かれた芳醇な香りが魅力的で、御馳走とも言える食材です。

そんなうなぎを子供に与える際「何歳から与えて大丈夫?」という親御さんも多いですよね。今回はうなぎを食べてよい歳とアレルギーや注意する事についてご紹介致します。

▶ うなぎはどうして高いの?買えなくてもうなぎを楽しむ方法や代用品は?

うなぎはアレルギーの心配はあるの?どういう症状が出る?

ポイント

うなぎを食べる事でアレルギーの症状が稀に発生します。口内や唇の痒み、蕁麻疹、喉の痒み、腹痛といった症状が起こる場合があります。

このアレルギー症状は「パルプアルブミン」という抗原が原因となっています。

「パルプアルブミン」は魚介類に含まれている抗原となっており、水溶性なので水に溶けやすい性質でありながら熱に対して耐性があります。

うなぎを食べる事でアレルギー症状が起こり易いと言われていますが、うなぎによってアレルゲンの有無が異なっている傾向があるのです。

それは餌がアレルゲンの大きな要素となっているのです。特に外国産のうなぎはより個体を大きくする目的として薬剤を餌に混ぜている事があります。

この薬剤を食べたうなぎを人が食べる事によって、アレルギー反応を起こすと考えられているのです。

一概にアレルギーの素とも言えませんが、粗悪な餌が要因の一つとされています

その為、高級品とも言えるうなぎは外国産の方が肉厚で身も大きく、安価に購入する事が出来ますが、アレルギーに気を付けたい方であれば国産のうなぎを食べた方が良いと考えられます。

スポンサードリンク

子供(幼児)にうなぎを食べさせる時に注意することは?

悩む

小骨

うなぎは中骨をしっかりと取り除いても、小骨が多い食材です。

歯がしっかりと生え揃い噛む事が出来れば、小骨があってもそれ程大きな問題となりませんが、歯が生えそろっていない状態だと口内や喉に刺さってしまう可能性があります。

子供によって成長スピードは異なっていますが、1歳くらいだと歯も十分に生え揃っていない事も多いので、2歳以降に与える方が無難と感じられます。

うなぎを食べる事で多い調理法は蒲焼きですよね。甘辛いタレが白いご飯にピッタリでみんな大好きですよね。

でも蒲焼きは子供にとっては濃いめの味付けとなっています。子供にうなぎを食べさせる場合には白焼きで焼き上げ、薄味にする事が大切ですね。

滋養強壮効果で寝付けない?

うなぎは滋養強壮効果あるとして、古くから親しまれてきた食材です。しかし子供にとっては回復力も高く、滋養強壮はそれ程必要ない物とされています。

うなぎを食べる事で、寝付けなくなってしまう効果もあり、摂取量に注意が必要となります。

うなぎは何歳から食べさせられるものなの?

人によっては6ヶ月ぐらいから食べさせる方もいるようですが、うなぎが脂分が多めですのです消化不良を起こしてしまう可能性もあります。

小骨なども刺さってしまうこともあるので歯が生え揃う時期に食べさせるのが良いと私は思います。

私なら2歳ぐらいから子供にうなぎを食べさせます。

あとがき

うなぎは小骨の心配や濃いめの味付けとなっている事で、子供に与える際に注意が必要となります。

さらに外国産うなぎは餌に薬剤が使用されている事もあり、アレルギーの原因ともなってしまいます。

うなぎを子供に与える際には2歳くらいを目途とする事やアレルギーが気に掛かる方は国産うなぎを食べる事が良いと思われますね。

▶ うなぎとあなごの違いは?味や栄養価に注目
▶ うなぎの骨が気になる!専門店はどういう処理をしているの?
▶ うなぎが嫌いな人は意外と多い?子供の嫌いな食べ物にランクイン!

スポンサードリンク