梨は皮ごと食べた方が栄養価が高い?農薬とか毒はないの?

梨の画像

秋は多くの味覚を楽しめる時期ですよね。ぶどうや柿を始め、旬のフルーツが盛りだくさん。そして「梨」も忘れてはいけない存在ですよね。

みずみずしさとシャリシャリとした食感が堪りませんよね。さて、梨を食べる時ほとんどの方が皮を剥いていらっしゃいますよね。

実は梨の皮は栄養が含まれている事を知らない方が多くいらっしゃいますよね。

今回は【梨は皮ごと食べる方が栄養価が高い?】【梨の皮には農薬や毒がないのか?】という事についてご紹介致します。

▶ 梨の中身が黒い!これって腐っているの?食べられるの?

スポンサードリンク

梨の皮に含まれている栄養と期待できる効能は?

ポイント

梨の皮を剥いた後、ほとんどの方が捨てていらっしゃいますよね。しかし、いつもは捨てられていた梨の皮は多くの栄養が含まれているのです。

カリウム

女性の多くが浮腫みを悩みとされていらっしゃいますよね。この浮腫みの原因となるのが、体内中の水分量が多い事や塩分濃度が高い事にあります。

カリウムには発汗や利尿作用によって、体内中の水分量や塩分濃度を調整する働きがあり、浮腫み解消に大きな効果が期待できます。

またカリウムによって塩分濃度が緩和されると、高血圧を始め多くの病気や症状の予防改善に繋がります。

食物繊維

梨の皮はザラザラとしており、とても特徴的ですよね。ザラザラ感がある程、新鮮な証拠とも言えます。梨の皮のザラザラとした部分は食物繊維の一種となっています。

ジュースやお菓子等でもお馴染みの甘味料が含まれている事で便を柔らかくし、排便を促進させてくれます。

排便の促進は、便秘解消やダイエット効果、毒素や老廃物の排出に効果的で高いアンチエイジング効果が期待できます。

アスパラギン酸

栄養ドリンクやサプリメントでも多く活用されているアスパラギン酸。疲労回復効果や代謝のアップ、体内に蓄積された毒素の排出と多くの効果を発揮します。

ポリフェノール

梨には多くのポリフェノールが含まれています。

「クロロゲン酸」や「アルブチン」といったポリフェノールが含まれていますが、「アルブチン」は化粧品でも大活躍している成分。

強い抗酸化作用や美白効果があり、美容維持に励む女性にとっては嬉しい成分となっています。

スポンサードリンク

梨の皮には毒成分は含まれていないの?

調べる女性

梨の皮には多くの栄養成分が含まれており、皮ごと一緒に食べて欲しいですよね。しかし「皮に毒成分は含まれていないのか?」という事が気に掛かりますよね。

【梨の皮に毒成分は含まれていません】。その為、皮ごと安心して食べてください。

梨の皮は残留農薬が心配!正しい洗い方は?

水道

梨の皮に毒成分は含まれていないけれど、「残留農薬は付着していないの?」という不安もありますよね。【梨の皮は残留農薬の心配はあります】

ただ、梨に限らず全ての果物や野菜は農薬が使用されて栽培されている事が多くあります。しかし、残留農薬が付着していても、健康被害に繋がる量ではありません。

粗塩でしっかりと擦ったり、食材対応の食器洗剤で洗うとキレイに落とす事ができます。

あとがき

梨の皮は優れた栄養がたっぷりと含まれています。毒は含まれていませんが、残留農薬が付着している可能性が考えられます。

皮ごと食べる際には、しっかりと洗うと残留農薬を落とす事ができるので、是非参考にされてみては如何でしょうか。

▶ 梨の変色してしまったら食べても大丈夫?防ぐ方法は?
▶ 梨の賞味期限はどのぐらい?日持ちする果物?
▶ 幻の梨?かおり(香梨)の値段と食べごろはいつ?
▶ あなたの梨の切り方はくし型?輪型?他にもいろいろな切り方があります!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください