人参の葉っぱの栄養とおすすめの食べ方は?食べても毒はないの?

人参

甘みがあり、煮込むとトロリとした食感が楽しめる人参。サラダは勿論、焼き物煮込み料理と幅広いジャンルで活用する事が出来ますよね。

さて、毎日の食卓でも見かける事が多い人参ですが、自宅で家庭菜園を行っている方は人参の葉っぱをどのようにされていらっしゃいますか?

多くの方が人参の葉っぱを捨てていると思われます。

今回は【人参の葉っぱの栄養と食べ方とは?】【人参の葉っぱは食べても大丈夫?】という事についてご紹介致します。

▶ 人参は冷凍保存するとまずくなる?黒く変色したり食感が悪くなる?

スポンサードリンク

人参の葉っぱって食べられるの?食べても毒はないの?

悩む

葉っぱ付きの人参を購入された方や、家庭菜園を行っている方は人参の葉っぱはどのようにしていますか?

人参の葉っぱを捨てている方がほとんどですよね。「そもそも、人参の葉っぱは食べられるの?そして、毒は無いの」という不安がありますよね。

【人参の葉っぱは食べる事ができます、そして毒はありません】

つまり、人参の葉っぱは健康面に全く問題無く食べる事ができます。

人参の葉っぱに含まれている栄養と期待できる効能は?

ポイント

人参の葉っぱは食べる事ができますが、気になるのが「どんな栄養が含まれているんだろう」ですよね。

人参の葉っぱの栄養や期待できる効能をご紹介します。

※βカロテン
人参に多く含まれている成分として、聞き慣れた成分ですよね。実は人参の葉っぱにも沢山含まれているのです。

βカロテンは体内摂取されるとビタミンAに変化しますビタミンAには肌細胞の修復や再生に効果的で、高い美容効果が期待できます。

また、βカロテンは免疫力アップに効果的で、癌予防にも大きな期待ができます。

※ビタミンE
ビタミンEは強い抗酸化作用があり、血液や肌細胞の酸化防止となり、老化防止に大きな効果があります。

※ビタミンK
ビタミンKはあまり聞き慣れないビタミン類となっています。ビタミンKは骨の形成に不可欠な成分で、さらに血液を凝固させるのに欠かせない成分となっています。

人参の葉っぱは他にも葉酸、ビタミンC、カリウム、カルシウム 、マグネシウムとさまざまな栄養が含まれているのです。

スポンサードリンク

人参の葉っぱのおすすめの食べ方は?

ポイント

人参の葉っぱは多くの栄養が含まれている部分となっています。そこで、おすすめの食べ方をご紹介します。

おひたし

  1. 人参の葉を軽く茹で、適当な大きさに切る
  2. さとう大2、しょうゆ大1、だし汁 大1で調味料を作り、和えたら完成

人参の香りが口いっぱいに漂い、美味しいおひたしを味わえます。

ふりかけ

  1. 人参の葉を茹で、しっかりと水気を絞る
  2. フライパンにごま油を敷き、刻んだ人参の葉っぱとちりめんじゃこ適量、塩昆布適量を加え、水分が無くなるまで炒める
  3. 白ごまを混ぜたら完成

白いご飯は勿論、冷ややっこのトッピングとしても最適です。

人参の葉っぱのかき揚げ

  1. 小麦粉1/2カップ、 片栗粉大さじ3、 冷水80~100mでタネを作る
  2. 刻んだ人参の葉っぱを種に入れ、混ぜる
  3. 70℃の油できつね色になるまで揚げると完成

あとがき

人参の葉っぱは毒性がなく、栄養がたっぷりなので捨てずに食べて欲しい部分となっています。栄養も沢山含まれており、積極的に食べて欲しい部分となっているのです。

▶ 何で人参って葉付きで売られていないの?その答えは・・・
▶ 人参が嫌いな子供が多い理由は?克服させるレシピは?
▶ 人参を食べ過ぎると病気になったり太る?栄養価は?

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください