ジップロックは電子レンジでチンすると溶ける?それとも大丈夫?

ジップロック

毎日の生活でジップロック袋は欠かせないアイテムですよね。余った食材の保存や鮮度維持とさまざまな効果を齎してくれますよね。

さて、ジップロック袋に昨夜の残りのおかずや食材を入れて電子レンジでチン!される方も多いですよね。

でも電子レンジはカナリの高温となるので「ジップロック袋が溶けないの?」と思ってしまう方もいらっしゃいます。

今回は【電子レンジでジップロック袋を加熱すると溶けるのか?大丈夫なのか?】という疑問についてご紹介致します。

▶ ジップロックを使う時真空状態にする裏技は?

スポンサードリンク

ジップロックは電子レンジで使っても大丈夫?

悩む

ジップロックはとても便利ですよね。小分けに食材を保存する事もできるし、調理済みの食品を保存する事もできます。

そこで重要となるのが【ジップロックは電子レンジが対応しているのか?】という事ですよね。

ジップロックに入れたまま加熱できると時短や洗い物が少なくなり、家事の負担の軽減にも繋がります。

その為、ジップロックごと電子レンジを使いたいなんて方が多いですよね。まず、タッパータイプやジップロック袋と一口に言ってもさまざまな種類がありますよね。

冷凍保存を目的とした「フリーザーバッグ」、冷蔵庫内で立てて保存できる「スタンディングバッグ」、ちょっとした食材を保存させる「ストックバッグ」と多々あります。

しかし簡単に言ってしまうと、どの種類のジップロック袋も【電子レンジで加熱すると溶ける】可能性があるという結果に至ってしまいます。

タッパータイプでは耐熱性の物もあり、加熱しても大丈夫なタイプもあります。

電子レンジでの加熱は高温となり、ジップロック袋内の食材が焦げてしまったり、袋自体が発火して火災の原因となってしまいます。

しかし、加熱は行う事ができなくても【解凍】であればジップロック袋ごと電子レンジで使用する事ができます。

解凍は加熱よりも温度帯が低く設定されており、食材が少し加熱される事はあってもジップロック袋が溶ける恐れはありません。

スポンサードリンク

ジップロックの耐熱温度ってどのぐらいなの?

ポイント

加熱すると溶けてしまうジップロックですが耐熱温度が気に掛かりますよね。電子レンジ内の加熱温度は非常に高温となります。

まず、水分を含んだ食材であれば100度、カレーや揚げ物といった油分を含んだ食材は120度以上の高温となります。

ジップロックはこれらの食材を入れて加熱しても問題が無いように設計された物もあり【耐熱性のジップロックは140度】の耐熱性があります。

つまり耐熱性のジップロックで加熱が行えるという事に繋がりますね。

ただ、カレー等の油分を多く含んだ食材は140度以上となる事もあり、長時間の加熱には注意が必要となります。

また、蓋を完全に閉めた状態で加熱すると、内圧によって変形したり、蓋が飛んでしまう恐れがあります。

加熱する時は完全に密閉せず、少し開けるか蓋をズラす事が重要となります。

他シリーズなら電子レンジで加熱しても大丈夫なの?

他シリーズであれば電子レンジで加熱しても大丈夫なのか疑問を感じてしまいますよね。公式HPにおいても【加熱はNG、解凍はOK】とされています。

耐熱性と記載されている物であれば問題はありませんが、記載されていいない物は絶対に過熱してはいけません。

溶けたジップロック、加熱した食物は食べられる?

考える女性

耐熱ではない物で加熱すると変形だけでなく、溶けてしまう事があります。この溶けてしまったジップロックを使用していても大丈夫なのか気になりますよね。

ジップロック自体、有害物質で作られていませんし、食材に溶け込んでしまった場合、その食材を口にしても健康上問題が無い素材にて作られています。

もし、食材に溶け込んでしまった場合は溶けた所だけを取り除くだけで、問題無く食す事ができます。

あとがき

ジップロックは耐熱性でない物は電子レンジで加熱すると溶けてしまうので、注意が必要となります。

解凍であれば、どのシリーズでも対応しているので、電子レンジを使いう時には十分確認を行う事が重要となりますね。

▶ ジップロックを洗う!収納する!おすすめする整理術は?
▶ お風呂でスマホ操作はジップロックがおすすめ?それとも防水ケース?
▶ ジップロックの袋を再利用する?それとも使い捨てにする?

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください