Column Navi

日常生活のささやかな豆知識をあなたに

つくしには栄養が豊富?食べ過ぎると体に悪影響はあるの?

つくし

春の訪れを感じさせてくれるつくし。河川敷や野原で摘み取った経験がある方も多いと思われます。そんなつくしは食べる事が出来る事をご存知でしょうか?

つくしは天ぷらや和え物として味わう事が出来、ほろ苦さが春の味覚とも言えます。そんな食べる事が出来るつくしの気になってしまうのが「どんな栄養成分があるのだろう」ですよね。

つくしに含まれている栄養成分と食べる事で体に及ぼす悪影響についてご紹介しちゃいます。

▶ つくしが成長するとスギナになるって嘘?本当?

スポンサードリンク

ツクシに含まれる栄養成分

ポイント

つくしは1本で約1g、100本で100gあたりでカロリーは約33Calとなっています。そんなつくしビタミンE が豊富に含まれているのです。

ビタミンEは強い抗酸化作用があり、体内細胞の酸化を防ぐ効果に優れています。

体内細胞の酸化は肌の老化や劣化に繋がってしまい、シミやシワといった多くの女性の悩みとなってしまう肌トラブルに繋がってしまいます。

その為、つくしを食べる事で美肌作りや改善に効果的となっています。

また近年多くの方が気に掛かかるコレステロール値を下げる効果も期待出来ます。さらにつくしの栄養成分で注目すべきは葉酸です。

胎児の細胞形成に欠かせない成分となっている他、先天性障害のリスクの発症を80%近く軽減出来る効果を齎してくれる葉酸は妊婦さんにとって欠かす事が出来ない成分となっています。

この葉酸、ブロコッリーやキャベツといった食材にも含まれているのですが、つくしは圧倒的に含有量が多い食材となっています。

その為、肌荒れが気に掛かってしまう妊婦さんには特に摂取して頂きたいのです。

スポンサードリンク

つくしは食べるとどんな効能が期待できる?

ポイント女性

つくしはビタミンEが豊富な事で肌の潤いや保湿を保ち、酸化させない効果があり美肌に大きな期待が出来ます。

そんなビタミンEは血流の促進にも効果的となっています。

血流の悪化は冷え性や肥満の原因ともなってしまいますので、冷え性改善やダイエット効果も期待出来ます。

また葉酸が豊富二含まれている事で、胎児の細胞形成に有効的として妊婦さんに効果的です。さらにビタミンEの肌細胞酸化防止はあらゆる病気や症状の予防や緩和に繋がります。

肌細胞が酸化する事で体内器官全ての働きが正常に行われなくなってしまい、疲れやすさや病気がち、さらには糖尿病糖生活習慣病の原因にも繋がってしまうのです。

つくしを食べすぎることは少ないと思うが食べ過ぎるとどうなる?

食べ過ぎた男性の画像

あらゆる成分が豊富なつくしですが、採取する事はあっても食べる機会ってなかなかありませんよね。でも「栄養が豊富だから」といって食べてしまう事で注意が必要となります。

それはつくしには「アルカロイド」という毒性が含まれている事です。

このアルカロイドはを多量摂取すると中毒症状を引き起こす事がありますが、含まれている量はごく微量となっており、中毒症状が発症する量を摂取する事自体が困難とも言えます。

あとがき

春の味覚ともいえるつくし。実は意外にも栄養豊富な事を多くの方が知ったと思われます。美肌効果や生活習慣病の予防効果、多くの方が気になる事に期待出来る成分が豊富となっています。

しかしつくしには毒性の成分も含まているので、適量を食べる事が大切となってきます。

▶ つくしは毒がある?アク抜きの仕方を紹介

スポンサードリンク