Column Navi

日常生活のささやかな豆知識をあなたに

陸奥というりんごの品種の特徴について

林檎の画像

「陸奥というりんごの品種があるのですが、サン陸奥やシルバー陸奥とどう違うの?」

りんごに詳しい人なら「サン」という名がつく理由を知っているのでしょうか?私もりんごを調べましたのでサンがつく理由は知っています。

しかしシルバーって何だろう?って思いました。日本語で銀色。銀のりんごなんて私の記憶する限りFF4に出てきたHPを50増やすアイテムしか思い出しませんでした。

今回は陸奥というりんごの特徴と、サン陸奥やシルバー陸奥って何だろうという疑問にお答えする記事を書きました。

▶ りんごの種類一覧。甘くて美味しい品種の選び方

スポンサードリンク

陸奥とは

切ったりんご

ゴールデンデリシャス× 印度を交配させた種類のりんごで1949年に品種登録されたりんごのことです。りんごといえば赤い色を想像するのですが、この種は色が黄色く珍しいと評判になりました。

味の特徴は?

糖度はふじなどに比べてやや弱く、酸味があるさっぱりとした種類のりんごです。りんごは甘くて酸味が少ないのが好まれる傾向にあるので、今現在はさほど生産されておらず生産量も第9位程度に甘んじています。

しかし甘くて酸味が少ないりんごばかり好まれる傾向にある中で、一部の酸味があるりんごを好み方にとっては大好物の種類のりんごだそうです。

スポンサードリンク

陸奥とサン陸奥、シルバー陸奥の違いは?

頭語の表
全て同じ品種です。

りんごといえば、栽培中に袋を被せて育成することがほとんどですが、陸奥はその袋のかけ方によって赤いりんごになったり黄緑色のりんごになったりします。

病気に弱いりんごだと二重袋の内側に薬をしみこませて病気から守る為にしている措置なのですが、陸奥は病気に強く、普段は日光にさらして育てていました。

つまり殆どの陸奥というりんごは黄緑色のりんごだと認識されていました。

ある時、試験的に袋を被せて陸奥を育ててみたところ、真っ白のりんごができました。これは袋を被せたことで緑色の色素がつかなくて白くなったのが原因だと言われています。

その後、成熟する頃に袋を取って太陽にあてると赤い色が綺麗につくりんごができました。これを今一般的に言われている陸奥という種類のりんごになります。(ピンク陸奥と言われることも)

以前の袋を被せなかった陸奥はサン陸奥と呼ばれます。常に太陽(SUN)にあてているりんごという意味ですね。

ではシルバー陸奥はなんでしょう?これはピンク陸奥と育て方は一緒で、成熟することに袋をとって太陽に当てるピンク陸奥とは違い、成熟して真っ白のまま太陽に当てずに収穫した陸奥の事を言います。

シルバー陸奥は収穫したてはシルバー色ですが、次第に黄色っぽくなり黄金色になるので何でシルバー陸奥なの?と疑問に思う人もいるそうです。

ちなみに見た目はピンク陸奥やシルバー陸奥が色鮮やかで好まれますが、味はサン陸奥が一番甘くて美味しいです。太陽をしっかり浴びることで糖度が増すことが原因のようです。

まとめ

  • 陸奥は糖度がやや抑えめで酸味が強いタイプのりんごの品種です
  • サン陸奥は袋を被せなくて育てたりんごで陸奥の中で甘い部類に入ります
  • 陸奥(ピンク陸奥)は袋を被せて収穫する直前に袋をとって赤く色づきされた陸奥です
  • シルバー陸奥は袋を被せたまま育ててそのまま収穫した陸奥です
  • 見た目は陸奥、シルバー陸奥。味はサン陸奥という感じの特徴があります

スポンサードリンク