Column Navi

日常生活のささやかな豆知識をあなたに

三浦大根という品種の特徴と旬の時期はいつ?


三浦大根

日本人の食生活の中では、沢山の野菜が食べられています。中でも、大根は漬物やみそ汁を始め、さまざまな調理法で食されていますよね。

さて、一口に「大根」といっても沢山の種類がある事をご存知でしょうか。大根には「三浦大根」という品種もあるのです。

そこで今回は【三浦大根の特徴や旬の時期とは?】についてご紹介致します。

▶ 三太郎大根という品種の特徴と主な産地は?

スポンサードリンク

三浦大根とは?

ポイント

三浦大根は神奈川県の三浦半島において特産品ともなっていた大根です。江戸時代初期から栽培が行われ、1925年に「三浦大根」と名付けられています。

しかし、1980年頃に作付けが減少し、一般的に「大根」として知られている青首大根が主力となると、ほとんど流通されなくなった品種です。

現在では数多くの大根が流通されている中、約1%の流通量となっている品種です。三浦大根は長さが60㎝程の白首大根系の品種です。

そして大きな特徴は重量です。

三浦大根は2~3㎏程が標準サイズとなっていますが、倍の5~6㎏の大きさになる事もある品種です。

また青首大根は形がだんだんと細くなっていくので、収穫時の引き抜き易さが魅力の一つとなっていますが、三浦大根は根っこに向かって太くなっている品種です。

その為、引き抜くのが困難となり、特に高齢の農家さんにとっては収穫が行い憎い品種ともなっています。

三浦大根の食べたときの味などの特徴は?

三浦大根は大根卸しにすると、辛みが強い品種となっています。大根のピリッとした辛味が好きな方にはピッタリな品種です。

肉質は緻密で、生食で食べるとみずみずしくシャキシャキとした食感を楽しむ事ができます。真っ白な色合いが魅力の一つとなっており、白さを演出したい料理にもピッタリですね。

スポンサードリンク

三浦大根のオススメのレシピは?どんな料理に使うと美味しい?

ポイント

三浦大根は辛みが強い品種となっており、大根おろしがおススメとなっています。

また、煮物やおでんの具材に大根を使用すると煮崩れが悩みの一つとなってしまいますよね。三浦大根は加熱しても、煮崩れし難い為、煮物おでんにピッタリです。

また味の染み込み易さも魅力となっています。

また三浦大根は漬物や煮物といった料理だけでなく、焼酎の材量としても重宝されています。三浦大根と米、工事から作られており、三浦市の特産品として注目を浴びています。

三浦市近隣の酒店は勿論、ネット通販でも購入する事ができます。

主な産地はどこ?旬の時期っていつなの?

調べる女性

三浦大根は神奈川県の三浦半島が主な産地となっていますが、現在はほとんど栽培が行われていないので、流通数の少ない品種です。

収穫時期は12~2月頃となっており、この時期の三浦大根はみずみずしい果肉となっています。

あとがき

魅力となっています。裏大根は一昔前は三浦半島の特産品ともなっていましたが、現在では栽培数が激減しています

しかし、三浦大根を使用した焼酎が新たな特産品となっており、全国各地のお酒好きの方から高評価となっている品種です。

▶ 赤い大根の種類一覧!普通の大根と栄養価が違う?
▶ 白い大根の種類一覧!自分の好みの大根はどれだ?

スポンサードリンク