Column Navi

日常生活のささやかな豆知識をあなたに

遠足に持っていく水筒。容量や中に入れる飲み物は何がいいの?

遠足の画像

水筒は遠足には欠かせないアイテムですが、親御さんによってはかなりこだわって選んでいるようですね。

水筒なんてどれも同じと思いますか?しかし、お子さんの年齢に合った容量や飲み口、見た目の好みもあるんです。水筒選びは意外と奥が深いんですよ!

スポンサードリンク

遠足に持っていく水筒選びのポイントは?

水筒

子供に適した水筒はその子の年齢や体格によっても多少違いがあります。幼稚園児や小柄なお子さんの場合は太さのある容量たっぷりの水筒だと持ちにくく、それを肩から下げて歩くのも非常に大変です。

そのため、1リットル以下の容量の水筒を持たせてあげるようにしてください。すぐに飲めるように片手でぽんっと開けられるキャップのものを選び、可能であれば最初から替えのキャップやゴムが売られている商品を選んでおくとパーツが壊れたり汚れた時にも安心です。

小さいお子さんはキャラクターものが好きだと思いますが、小学生になると抵抗を感じるようになるでしょう。その頃になるとスポーツブランドの商品などに替えてあげてもいいですね。

また、ショルダーの長さも背が大きくなると合わなくなってきますので、たまに身長に合わせて長さを調整してあげてください。

スポンサードリンク

遠足の水筒の中身は何がいい?

水筒で水分補給する少女

遠足の水筒の中身は学校や園からの指定がある場合がほとんどです。

子供の飲みすぎやハチが寄ってくるのを防ぐためにスポーツドリンクを禁止としているところもありますし、逆に塩分や糖分を摂取するためにスポーツドリンクを推奨しているところもあります。

自分だけ好きな飲み物を入れてしまって怒られるなんてことのないようにプリントをよく確認してくださいね。

通常だと水かお茶だと思いますが、どちらかで迷うなら水をおすすめします。おなかに優しいだけではなく非常時にはタオルに水を含ませてからだを冷やしたりもでき、手を洗ったりするのにも使えるからです。

また、お茶だとトイレが近くなったりもします。お子さんが「お母さんに任せる」と言う様な時は参考にしてみてください。

スポーツドリンクを入れてはいけない水筒があるって本当?

考える女性

遠足だけではなく習い事の際に水筒にスポーツドリンクを入れている親御さんは多いと思いますが、金属製の水筒にはスポーツドリンクを入れないように記載されている商品があるんです。

今一度自宅にある水筒の説明書を見てみてくださいね。弱酸性の液体を傷の付いた金属製の水筒に入れてしまうと、容器の金属イオンが飲み物に溶け出して中毒を起こす可能性があるのだとか。

水筒に限らずやかんや金属製マグカップでも同じ心配があります。そのため、定期的に新しい水筒に買い替えたり内部に傷がないかチェックしておく必要があります。

さらに中毒を防ぐには飲み残しをいつまでも飲まないように中身を入れすぎないことも大切です。どうしても心配な場合は「スポーツドリンクOK」などと書かれた水筒かプラスチック製のものを購入するようにしてください。

わたしがおすすめする水筒はこんなタイプです!

ポイント女性

水筒を選ぶ時は空の状態の重さを確認してみましょう。

最初からずっしりと重い水筒は飲み物を入れるとさらに重くなって持つのが大変です。似たような商品があれば軽い方を選ぶといいですね。

さらに水筒カバーには手を通して持てるような部分がついていると便利です。飲み始めの重たい水筒でもしっかり持つことができますよ。

また、キャップにロックがかかるタイプもいいでしょう。ロックがかからないものは知らないうちにふたが開いて中の飲み物がこぼれてしまうこともありますし、お子さんが「水筒の口をしっかり閉める」という習慣もつきません。

あとがき

遠足の際には膝が水筒に当たらず、ショルダーが大きく揺れない長さにしてあげるとお子さんも歩きやすいと思います。

歩きやすくなると遠足もさらに楽しくなりますね。

スポンサードリンク