Column Navi

日常生活のささやかな豆知識をあなたに

お年玉は貯金させるべき?使わせるべき?どっちがいいの?

お年玉をみて喜ぶ女の子

新しい年を迎え、街中がお正月気分になります。

近隣や遠方に住んでいる親戚が集まる機会は年内で数える程多くはありませんが、お正月も親戚が集まる大切な時期ですね。

大人にとっては他愛もない話や子供の話、お父さんたちにとってはお酒を楽しめる仲が集まる機会となっていますが、子供たちにとってはお正月で待ち焦がれている事があります。

それは「お年玉」です。

やっぱり親戚の大人たちが集まると、「いくらぐらい貰えるかな?去年よりはおおいかな?」なんて胸をドキドキワクワクさせながらお年玉を心待ちにしています。

でも折角いっぱいもらってもお母さんから「子供がそんな大金もつなんてダメ。お母さんが預かります」と結局お母さんに取られてしまいますよね。

でも子供たちにとってはお年玉は使いたいお金となります。そんな「お年玉は貯金させるべき?使わせるべき?どっちがいいの?」どちらが良いのでしょうか?

▶ お年玉を貰ったらお礼やお返しって必要なのか考えてみた

お年玉は貯金させるべき派の意見は?

ポイント女性

多くのお母さんたちは「貯金するから」と言って全額預かってしまいます。子供にとっては「私が貰ったお金なのに」と残念がってしまいますよね。

でもこのお母さんの意見も重要なのです。

子供が貰ったお金だからといって子供に渡しても、根本的にその貰ったお金がどれだけ大金なのかまだ把握出来ない年齢となっています。

もし、一度に3万円もの大金を小学生が貰っても、「こんなに簡単にお金が手に入る」と錯覚を起こしてしまい簡単に全額使い切ってしまう場合もあります。

このままの価値観で成長してしまうと、将来浪費家となってしまう事もあり、お金に対する大切さが身に付かない場合もあります。

お年玉は使わせるべき派の意見は?

指をさす男性

お母さんの中には「子供がもらったお金だから好きなように使いなさい」と言う方もいらっしゃいます。

しかしこれも決して悪い事ではないのんです。

「好きなように=自由自在」ではなく「好きなように=計画性を持って使う」という事も経験させる機会にも繋がります。

万が一、貰ったお金をすぐに使い切った場合は怒るのではなくきちんと理由を説明してあげて叱るとよいと思います。

「あなたが頂いたお金は簡単に手に入る金額じゃないんだよ。欲しい物があっても本当に必要な物なのか考えてから買いなさい」

というこれから大人になるに連れて、お金に触れる機会も多くなる事でお金の大切さを教えるキッカケにも繋がるのです。

スポンサードリンク

私の意見は・・・

考える女性

確かにお年玉は子供が貰ったお金です。

しかし全額預かってはガッカリしたり、全額与えてはすぐに使い切ってしまう場合もあります。

その為とりあえず預かり、欲しい物がある時にその分の金額を渡したりする事や、全額渡してもしっかりと使った金額をノートに記載して、現状でいくら使用しているのか保護者が管理する事でお金の大切さを自然と身に付ける事が出来ると思います。

あとがき

子供にとっては大金が貰える唯一の機会とも言えるお年玉。

そんなお年玉を親が管理したり、子供に使わせる事でお金の重要さを知る良いキッカケにも繋がるので、どちらの意見も良い意見だと思われます。

▶ 小学生低学年にお年玉いくらあげる?相場と使い道について
▶ 中学生へのお年玉の平均相場は?買うものは自由?
▶ 高校生へのお年玉の相場は?いくらが平均なの?

スポンサードリンク