Column Navi

日常生活のささやかな豆知識をあなたに

貰ったお年玉が少ない!各年代の平均っていくらぐらいなの?

お年玉の画像

大掃除や1年の〆を終えるとすぐに新しい年が始まります。

新年の豊富を抱いたり、神社に参拝したり、と新年早々多くの事が盛りだくさんとなっています。

大人にとっては親戚一同が集まる機械となっている事で、1年間に起こった事た出来事を話したり、お酒を楽しんだりと新年ならではの事が山の様にあります。

でも子供たちにとってはそんなの全く関係無し。新年になると子供たちにとって期待感に満ち溢れた事があります。

それは「お年玉」です。

子供地にとっては普段なかなかお小遣いも貰えませんが、お正月だけは親戚中からお年玉をもらえる機会となっています。

でも「期待値よりも少ない」と感じている子供が多くいらっしゃいます。そんな世代別で観たお小遣いの平均額についてご紹介します。

▶ お年玉は貯金させるべき?使わせるべき?どっちがいいの?

スポンサードリンク

小学生低学年・高学年のお年玉の平均金額ってどのぐらい?

ポイント女性

小学生低学年であればお年玉の平均額は『3000円✕親戚の数』ぐらいがもらえる総額かと思われます。まず小学校低学年ではお小遣いと言ってもせいぜい1日100円程となってきます。

友達と遊んだ時にちょっとしたお菓子を購入したり、ジュースを飲んだりとこの程度の金額で十分間に合う額となっています。

小学校低学年からお年玉の額を高額に設定してしまうと、この先のお年玉の金額がより膨れ上がってしまい渡す側にとっては経済的にも大きな負担となってしまいます。

また小学校高学年であれば『5000円✕親戚の数』程がもらえる総額だと思われます。

小学校高学年であっても、まだお金の大切さを十分に把握する事が出来ていない事で、5000円は平均値かと思われます。

▶ 小学生低学年にお年玉いくらあげる?相場と使い道について

スポンサードリンク

中学生のお年玉の平均金額ってどのぐらい?

中学生男子

中学生ともなると、お金を使う頻度も高くなり、お金の大切さを把握出来る年齢ともなります。
その為、『5000円~10000円✕親戚の数』がもらえる総額かと思われます。

少しづつ使用したり、欲しい物がある時まで使うのを我慢して、高額な物を購入したりとお金の使い道を自分で考える事も可能となってきます。

▶ 中学生へのお年玉の平均相場は?買うものは自由?

高校生のお年玉の平均金額ってどのぐらい?

高校生男子の画像

高校生ともなると学校帰りや休日にもお金を使用する事が毎日の様になってきます。

さらにお金の大切さも十分把握出来る年齢ともなっており、自分の将来についても考える事が出来る年齢にもなってきます。

その為、お年玉は『10000円✕親戚の数』が平均値と言えます。

使用したり貯金したりと経済的な事に関してもしっかりと考える事が出来る世代となっています。

▶ 高校生へのお年玉の相場は?いくらが平均なの?

お年玉は親戚がいる数によって決まるからどうしようもない?

考える女性

「私のお年玉が少ない」

そう嘆く子供多くいると聞きます。しかし親戚が多ければ沢山貰えるし、少なければ少なくなってしまいます。

一度に数万円くれる親戚もいるかもしれませんが、子供のお年玉の量は親戚の数によって変わってしまうのでこればかしはどうしようもありません。

親の立場からすれば親戚が多いとその分お年玉を用意しなければいけなくて大変なのですが、子供はそういう気持ちはわかってくれないものです。

逆に親戚が多い為たくさんのお金を子どもが手にしてしまう事を危惧している人もいると思います。

親戚間にてお年玉のやりとりや金額を話し合い、子供にとって貰いすぎにならない行い方も重要となります。

お年玉が少なくて文句を言う子どもに何ていう?

お年玉をみて喜ぶ女の子

親戚の数が少なかったり、お年玉の金額そのものが低い事で、子供から「少なくない?他の人はもっと貰っている」なんて不平不満を言う子供もいると思われます。

しかしそこは「金額の問題では無く、貰える事に感謝しないと」としっかり教える事が大切です。
この事を伝えるとお金の重要さに気が付き、文句を言わない子供も増えてきます。

あとがき

お年玉って子供にとっては新年の楽しみの一つですよね。

だからこそ年齢似合った金額を大人たちが話し合い渡す事が最も大切となってきます。

▶ お年玉を貰ったらお礼やお返しって必要なのか考えてみた

スポンサードリンク