Column Navi

日常生活のささやかな豆知識をあなたに

自転車で顔が濡れないレインコートはあるの?

     梅雨

梅雨の町並み

「雨だけれど、通勤や通学で自転車を使う。顔とか濡れたくない!」

と思っている人多いですよね。私も通勤は自転車で駅まで行きますので気持ちはよくわかります。雨が降っているからって歩くとなると、普段よりも早起きする必要がでてくるわけで・・・いやですよね?

昔なら傘を差しながら自転車を漕いでいましたが今は警察官に注意されてしまいます。場合によっては罰金とかそういうこともあるみたいですね。

法的に雨の日に自転車を乗るならレインコートなどを着ることになるのですが、レインコートって意外と顔が濡れたりします。

顔が濡れるのは嫌ですよね?今回は雨の日に自転車を乗っていても顔が濡れない方法について考えてみました。

▶ 傘の進化はいつ来るの?実は来ていたという話

スポンサードリンク

自転車用のレインコートはポンチョタイプがいい

自転車通勤や通学でレインコートを着ても自転車のカゴまで覆えるタイプの方がかばんが濡れなくていいです。リュック形式の鞄だったら背負えばどうにかなりますが、手に持つタイプのかばんはカゴに入れます。

せっかく雨から体を防いでもかばんが濡れてしまっては意味がありませんよね。ポンチョタイプのレインコートだとカゴも雨に濡れないように守ってくれるところが良いですね。

ポンチョタイプがちょっと格好悪いから着たくないと思う人は、自転車用のカゴを守るカバーで守ってあげればいいと思います。

レインコートを着ても顔が濡れる・・・そういう時はこのグッズ!

雨用帽子

雨用の帽子というのがあります。透明のツバのところが結構大きいので顔を防いでくれるなかなか良いアイテムだと思います。

それでもまだ雨に顔が濡れるのが心配という方用の最強のグッズはコレ!

晴雨兼用UVカットクリアバイザー

これなら完全に顔をすっぽり覆っていますよね?完璧に雨を防げるアイテムです。ただし私の美的感覚だとちょっと格好悪いかなと思ってしまいます。

レインコートなどの便利アイテムを駆使しても補えない欠点はあります

『レインコート』『雨用クリアバイザー』などを駆使して雨対策バッチシ!

って思っていざ雨の中自転車を漕ぎます。雨の中快適に自転車を漕ぐことができて「買ってよかったなあ」と思うわけです。でも次の瞬間面倒くさい状況に気づいちゃいます。

レインコートの収納ってどうしよ・・・

この問題は自転車通勤や通学ではいつも悩まされてしまいますよね。解決方法は?

▶ 自転車通勤や通学でレインコートの収納方法まとめ

 

自転車で顔が濡れないレインコートなどまとめ

・深めのクリアカバーがついているレインコートを探す
・雨用帽子を着用する
・最強は晴雨兼用UVカットクリアバイザー

 

▶ 雨具の撥水効果を復活させる方法はあるのか?

 

スポンサードリンク