修学旅行で突然の腹痛や下痢の時はどうすればいい?予防と対策は?

バス

中学校や高校時代の中では多くの楽しい生活が満載です。

その中でも修学旅行は最大のイベントともなっておりケースがあります。生涯忘れる事が出来ない思い出の一つですよね?

しかしそんな楽しい修学旅行中に突然体調を崩し、腹痛や下痢になってしまったらと思うと心配になってしまいますよね?

修学旅行は長時間、バスや電車などに乗る機会があってお腹が痛くなっても集団行動ですから我慢するしかないと考えると怖いです。

今回はもし修学旅行で腹痛や下痢になってしまったときはどうすればいいか?解説していきたいと思います。

ユミ

これを読んで修学旅行の心配を少しでも減らしていただければと思います。
修学旅行修学旅行のお風呂対策でムダ毛の処理はするべき?  

Sponsored Link

修学旅行で下痢や腹痛を起こさないように予防や準備が大事!

悩む女子高生

そもそも腹痛や下痢を起こさないように気をつける事が大事です。ではどういう風に予防をすればいいでしょうか?

修学旅行前は体調管理に心がける

楽しい修学旅行を過ごす為にまずはしっかり健康管理に気をつけることが重要です。修学旅行中に風邪をひいたりしないように睡眠、食事はしっかり摂りましょう。

食べ物は特に注意が必要で、食べ過ぎたり賞味期限が過ぎているものなどを食べないようにしましょう。

よくあることなのですが、修学旅行前にお風呂に入る時に自分の体が太っていたら恥ずかしいなどという理由からダイエットを始める方がいます。

しかしダイエットをすることで必要な栄養摂取を怠ることによって風邪をひいたり体調不良からお腹を壊してしまう危険性があります。

下痢や腹痛対策にどんな準備をするべき?

正露丸なども下痢対策の定番ですが、やはり水が必要です。水なしで飲める下痢止めは準備しておくと良いと思います。

腹痛対策に痛み止めの薬も持っていくと安心かもしれませんね。

後は下痢をしたらお腹を温めると効果があるのでホッカイロやタオルをお腹に当てるなどをすると緩和するために用意する方もいるそうです。

ポイント
修学旅行前は睡眠、食事などは特に気をつける。下痢対策に水なしの下痢止めやホッカイロやタオルを常備しておくと安心です。

Sponsored Link

修学旅行で腹痛や下痢が現実に起こった!どうすればいい?

お腹を気にする女性の画像

修学旅行中の腹痛や下痢。一番最悪な状況はどういう時に起こってしまったときでしょうか?

それは長期移動中だと思います。

電車(新幹線)や飛行機の場合はトイレがあるので駆け込めば問題はないと思います。

一番辛いのはバスでの長距離移動中の腹痛ですよね?

バスで移動中の腹痛や下痢!どうすればいい?

バスガイドや先生や運転手に伝えることが重要です。

集団行動で自分の行動で迷惑がかかると思って我慢する人が多いのですが下痢でお漏らしをしてしまう方が最悪ですよね?

バスは貸し切りとなっている事も多く、担当している先生やバスガイドさん、もしくは運転手さんが近くにいる場合にはこっそりと伝える事が大切です。

先生は勿論、バスガイドさんや運転手さんはそのような状況を周囲に知られない様に臨時の休憩タイムを取ってくれます。

なので黙って我慢するのではなく先生やバスガイドさんなどに伝えることが大事です。

ポイント
我慢をせずに先生などに伝えればきちんと休憩タイムを取ってくれる

 

突然お腹が痛くなったらどうすればいい?

何の前触れも無くお腹が痛くなる場合があります。

痛み止め等の薬を持っていれば服用する事も出来ますが、持っていないケースがほとんどですね。

同級生や添乗の先生に痛みを伝え、まずは痛みが治まるまで休む事が重要となります。我慢してその後悲惨な状況にならないようにしましょう。

修学旅行中の腹痛や下痢の予防と対策まとめ

  • 修学旅行前にお腹を壊さないように食べ物には気をつける
  • 修学旅行前の体調管理は重要!ダイエットなどは避けたほうが良い
  • 修学旅行には水なしの下痢止めや痛み止めを持っていく
  • 修学旅行中に腹痛や下痢になった場合は即座に先生などに伝えることが重要
  • 我慢しない

 
バス修学旅行でなぜ木刀のお土産?禁止する学校もある理由とは? 告白する画像修学旅行で好きな人に告白するとカップル率は高い?

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください