カリフラワーは生でも食べられるの?生食オススメのレシピは?

カリフラワー

カリフラワーはコリコリとした食感と真っ白な色合いが魅力的ですよね。茹でてマヨネーズを付けて食べたり、炒め物等で食べる事が多くありますよね。

さて、カリフラワーは加熱して食べる事がほとんどですよね。でも生で食べられるのか気になりませんか?

そこで今回は【カリフラワーは生でも食べられるのか?】【カリフラワーの生食のおススメレシピとは?】についてご紹介致します。

▶ ブロッコリーとカリフラワーの味の違いは?栄養価はどっちが高い?

スポンサードリンク

カリフラワーはサラダに使うときも基本的には茹でる!

沸騰

皆さんはカリフラワーを食べる時、どのように食べていらっしゃいますか。サラダで食べる時でも茹でていると思われます。

根本的に「カリフラワーを食べる=茹でる・炒める」という認識を持っている事で茹でて食べていますよね。

実はカリフラワーは生食できるって本当?

悩む

カリフラワーは生でも食べる事ができるのか?という疑問を感じている方も多くいらっしゃいますよね。【カリフラワーは生食できる】のです。

これまで加熱して食べる事がほとんどとなっていた事もあり、カリフラワーが生食できる事は大きな驚きとも言えますよね。

しかし、アメリカでは生食で食べる方が一般的となっています。

スポンサードリンク

生食で食べるメリットは?

OKサインをする女性

カリフラワーを生食で食べるのにはさまざまなメリットがあります。まずは、栄養価です。

カリフラワーは多くのビタミンCを含む食材です。しかし茹でる事で、お湯にビタミンCが溶け出してしまい、しっかりと摂取する事ができなくなってしまいます。

またカリウムも豊富に含まれていますが、茹でると含有量が軽減してしまいます。食感は、固さがあるので、よりコリコリ感を楽しめます。

味は、えぐみがあるのでほんのりとほろ苦さが感じられます。

生食で食べるデメリットは?

NGサインをする女性

カリフラワーを生食で食べるとえぐみが感じられますが、このえぐみの正体はアクです。アクは摂取し過ぎると、健康被害に繋がる恐れがあるので、多量摂取を控える事が良いですね。

またカリフラワーは加熱しても程よい固さがあります。生食だと、より固さが感じられてしまいます。特に茎の部分は固いので、蕾部分だけを食べる事がおススメとなります。

生食で食べる時のえぐみみを減らすには?

またカリフラワーは、生食で食べる事ができますが、えぐみが感じられます。ほろ苦さが苦手な方にとっては生食で食べたくても、ほろ苦くて食べる事ができませんよね。

カリフラワーを適当な大きさにカットした後、塩水に浸しておくとえぐみが軽減されます。しかし、長時間放置してしまうと、ビタミンC量が軽減してしまうので、5~10分程が目安となります。

あとがき

カリフラワーは生食できる食材というか、アメリカでは当たり前の食べ方となっていたのですね。生食で食べる事で、ビタミンCを始めとする栄養素をしっかりと摂取する事ができるのです。

しかし、生食で食べると固さを感じたり、えぐみが感じられるので、自身の好みに合わせて美味しく食べると良いかも知れませんね。

▶ ロマネスコはブロッコリーとカリフラワーの親戚?
▶ 茹でると青くなる紫カリフラワーがあるって本当?
▶ カリフラワーが黒や茶色に変色している?食べても大丈夫?

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください