かぼちゃの皮の栄養と農薬の心配は?正しい洗い方をすれば平気?

かぼちゃの画像

濃厚な味わいとホクホクが堪らないかぼちゃ。かぼちゃを調理する際には皮を剥いている方もいらっしゃいます。

そんなかぼちゃに栄養が含まれているのかや農薬の心配についてご紹介致します。

▶ かぼちゃの皮むきって大変!簡単な皮のむき方とは?

スポンサードリンク

かぼちゃの皮に含まれている栄養と期待できる効能とは?

ポイント女性

かぼちゃの皮を剥いて捨ててしまっている方も多くいらっしゃいます。でもかぼちゃの皮は栄養が豊富となっているのです。

皮だけでなく実の部分にもβカロテンは含まれているのですが、皮は実よりも3倍の量が含まれているのです。

βカロテンは体内に摂取されるとビタミンAへと変化します。ビタミンAは体内細胞の修復や再生を行う成分となっています。

多くの女性がシミや肌荒れといった悩みを抱えていらっしゃいます。これは細胞の老化や劣化が大きな原因となります。

しかしビタミンAを摂取すると古い皮膚を剥がし、常に新しい細胞を作り出してくれるので、キレイな肌を維持出来美容効果に優れた働きとなります。

またビタミンAは免疫力のアップに効果的です。体調不良になり易い方や肌の潤いカサつきが気になるという方は免疫力の低下により細菌によってダメージを受けている傾向があります。

しかしビタミンAを摂取する事で免疫力アップに繋がり、健康や美容面に大きな効果を発揮するのです。

またガンの予防や抑制にも大きな期待が出来ます。ガンは体内中の活性酸素が原因ともなっています。

βカロテンは非常に強い抗酸化作用があり、活性酸素を除去する働きがあるのです。その為、ガン発症の予防や抑制に効果が期待出来る成分として着目されています。

またかぼちゃの皮は多くのビタミン類やマグネシウム、カルシウム、葉酸等多くの栄養が含まれているのです。

健康面においても美容面においても積極的に摂取したい部分なのです。

スポンサードリンク

かぼちゃの皮には残留農薬の心配はあるの?

かぼちゃの画像

栄養が豊富なかぼちゃの皮ですが、多くの方が気に掛かるのが「残留農薬」ですよね。皮に農薬が残っており、皮を食べると健康被害に繋がるのではと感じてしまいますよね。

かぼちゃをしっかりと育てる上で農薬は必要な物となり使用されているものが多く流通しています。

しかし洗う事で残留農薬は落とす事が出来、皮も安心して食べる事が出来るのです。

かぼちゃの正しい洗い方とは?

外国人が考える

かぼちゃの正しい洗い方は露地栽培ものは軽く水洗いするだけで大丈夫です。ハウス栽培ものであれば、流水で30秒程洗う事で安心して食べる事が出来ます。

より残留農薬を落としたいという方であれば、ブラシやスポンジで擦り、薄っすらと表面が剥がれる位で洗うと心配無く食べる事が出来ます。

あとがき

かぼちゃの皮は実よりも優れた栄養が豊富となっているのです。健康面は勿論、美容面においても大きな効果が期待出来るのです。

残留農薬が心配になる方もいらっしゃいますが、水洗いにて落とす事が出来るので、皮も一緒に食べる事をおススメします。

▶ かぼちゃを食べると太るって本当? ダイエットに向いてない?
▶ かぼちゃが嫌いな人は何が原因? 苦手でも食べられる調理法は?
▶ かぼちゃの煮物は日持ちする?冷凍保存は可能なの?
▶ かぼちゃの種類は大きく分けて4つ! それぞれの品種を簡単に紹介!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください