下仁田ねぎの食べ方は?青い部分はどう活用する?

下仁田ネギ

ピリッとした辛味がありながら加熱するとトロリとした食感と甘味が楽しめるねぎ。あらゆる料理にピッタリな食材となっており、食べられる機会も多い食材ですよね。

さて、江木にも数多くの種類がありますが「下仁田ねぎ」という品種をご存知でしょうか。

そこで今回は【下仁田ねぎの食べ方とは?】【下仁田ねぎの青い部分はどう活用するのか?】について触れてみたいと思います。

▶ 長ねぎの種類は凄くたくさんある?たくさんの品種を探してみました!

スポンサードリンク

下仁田ネギとは?

ポイント

下仁田ねぎは、群馬県甘楽郡下仁田町近隣で栽培が行われているねぎで、下仁田エリアの特産品ともなっています。

下仁田ねぎは別名「殿様ねぎ」とも呼ばれています。

これは、下仁田ねぎには辛みがありますが、加熱するとトロリとした食感と農呼応な甘味があり、この甘味の虜となった江戸の大名が「すぐに下仁田ねぎを200本用意せと」との命令まで出した程、大変美味なねぎとなっている事が由来とされています。

栽培が行われてから200年以上の歴史があり、今も尚多くの方から重宝されているねぎとなっています。

また下仁田ねぎは、一般的に食べられている白ねぎと大きく異なる点があります。

それは太さです。下仁田ねぎは、白い部分が15~20㎝程となっていますが、太さが5㎝程となっています。

太い果肉部分にはたっぷりの果肉が詰まり、加熱すると甘みのある味わいを楽しめるのです。

スポンサードリンク

味の特徴は普通の白ねぎに比べてどんな違いがある?

下小二田ねぎは辛味成分である硫化アリルが白ねぎの3倍も多く含まれているねぎです。

その為、蕎麦や冷ややっこのトッピングとして食べると、とても強い辛味が感じられます。

しかし、加熱すると濃厚な甘味へと変わっていきます。

またビタミンBやCmoたっぷりと含まれ、健康面や美容面に大きな効果が期待できます。

旬の時期は?

下仁田ねぎは11~2月頃が旬の時期となっています。寒い気候の中で、栽培され果肉がびっしりと詰まっています。

美味しく食べるにはどんなレシピがオススメ?

ポイント

下仁田ねぎは、生食だと強い辛味が感じられます。

しかし、加熱すると 濃厚な甘味を感じる事ができるので、ネギ焼きや鍋といった料理で味わうのがおススメですね。

青い部分はどう活用するといい?

下仁田ねぎの青い部分は基本的には捨てられてしまいます。しかし、細かく刻んで餃子の具に使用したりすると、活用できますね。

下仁田ねぎまつりっていうのもある?

外国人が考える
下仁田では「下仁田ねぎまつり」が毎年開催されています。

下仁田ねぎまつりでは、下仁田ねぎの魅力を多くの方に知ってもらう為、「巨大ねぎま」やシンプルながら大人気の「ねぎ焼き」を味わう事ができます。

11月末頃に開催され、旬を迎える下仁田ねぎを存分に楽しめるイベントとなっています。

あとがき

白い部分が太く肉厚な甘味を楽しむ事ができる下仁田ねぎ。

生で食べると辛みがありますが、加熱すると多くの方を唸らせる甘味を味わう事ができます。

11月末には下仁田ねぎまつりも開催されているので、是非足を運び下仁田ねぎの魅力を感じてみては如何でしょうか。

▶ 長ねぎの種類は凄くたくさんある?たくさんの品種を探してみました!
▶ 深谷ねぎの特徴と旬の時期は?オススメの食べ方ってあるの?

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください