深谷ねぎの特徴と旬の時期は?オススメの食べ方ってあるの?

深谷ねぎ

シャキシャキとした食感とほんのりとした辛味、そして加熱すると甘みがアップしあらゆる料理で活躍しているねぎ。

毎日のように摂取されている方も多くいらっしゃいますよね。

さて、ねぎにも沢山の種類がありますが「深谷ねぎ」も人気の高いねぎとなっています。

そこで今回は【深谷ねぎの特徴や旬は?】【深谷ねぎのオススメな食べ方とは?】についてご紹介致します。

▶ 谷田部ねぎの特徴と旬の時期はどんな食べ方がオススメ?

スポンサードリンク

深谷ねぎとは?

ポイント

深谷ねぎは、埼玉県深谷市で栽培されているねぎの総称となっています。

深谷市は全国的にもねぎの生産量がトップクラスとなっており、深谷ねぎは深谷市が誇るブランドとして全国各地で流通され、料亭等でも大変重宝されています。

「深谷ねぎ」はあくまでも深谷市近隣で栽培されるねぎの総称となっており、さまざまな品種があります。

深谷ねぎの大きな特徴は糖度の高さです。

深谷ねぎは10~15度程と高い糖度があり、果物と同じ位の甘味が感じられる甘い品種なのです。

この深谷ねぎはねぎの中でも糖度が非常に高い朱里となっている事で、甘しょっぱい割り下が使われるすき焼きには砂糖を使用せず、深谷ねぎの甘味だけで味を調えている方も多くいらっしゃいます。

スポンサードリンク

味の特徴は普通の白ねぎに比べてどんな違いがある?

深谷ねぎは糖度が高い品種となっており、普通の白ねぎよりも甘味を堪能する事ができます。

噛むほどに甘味が増し加熱すると、より甘味を楽しめます。

旬の時期は?

深谷ねぎは寒い時期である12月が旬となっています。

厳しい寒さで甘味を存分に蓄えた深谷ねぎは甘味たっぷりのジューシーさを味わえます。

深谷ねぎを美味しく食べる方法は?

深谷ねぎはとても甘味を楽しめる品種です。

生で刻み薬味としても良いですが、そのまま焼き上げたり焼き鳥や鍋の材料にすると、より甘味を楽しむ事ができるので加熱がおススメな食べ方です。

深谷ねぎまつりってあるのは本当?いつやっているの?

調べる女性

深谷市では特産品である深谷ねぎを使用したグルメ「深谷ねぎまつり」が開催されています。

深谷駅南口からすぐの瀧宮神社にて1月末頃に開催され、毎年多くの方が深谷ねぎが沢山使用されたグルメを堪能されていらっしゃいます。

深谷ねぎが使用された玉子焼きやカレー、ステーキやハンバーガーと普段脇役的存在のねぎが主役として活躍しています。

さらに深谷ねぎが使用されたグルメの選手権も開催されており、審査員は一般公募によって選出されています。

ねぎ好きにとっては魅力溢れるまつりともなっていますね。

あとがき

深谷ねぎは深谷市が誇るブランドとして大人気のねぎですね。甘みが凝縮され、ねぎが苦手な方でも美味しく食べる事ができちゃいます。

毎年、深谷ねぎがたっぷりと使用されたグルメが味わえるまつりも開催されているので、是非ふかやねぎグルメを堪能されてみては如何でしょうか。

▶ 長ねぎの種類は凄くたくさんある?たくさんの品種を探してみました!
▶ 谷田部ねぎの特徴と旬の時期はどんな食べ方がオススメ?

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください