ピーマンが嫌いな人は多い!苦手な原因とオススメレシピは

大人になってもピーマンが食べられない方は多いですよね。

もちろん子供に人気のない野菜としても有名です。「ピーマンの苦味は大人になったら美味しくなる」とよく言われますが、やはり大人になっても苦手意識は変わらない方もいるでしょう。

ピーマンが嫌いな人は何が嫌いなのでしょうか。またピーマン嫌いを克服するためのオススメレシピもご紹介したいと思います。

ピーマンピーマンの種が黒い(茶色い!)これって食べても大丈夫?

Sponsored Link

ピーマンが苦手な人は何が嫌いなの?

味(青臭い)

ピーマンをかじると青臭い味が口の中に広がります。この味が何をしてもダメという方が多いです。茹でても焼いても青臭さが残ります。

ピーマンには独特の渋さもあります。このような味が、ピーマンが嫌われる原因の一つです。

苦い

ピーマン嫌いの原因として最も多いのがこの「苦い」というものでしょう。

ピーマンには他の野菜にはない独特の苦味があります。この苦味がお肉や油と合わさることで美味しい料理になるのですが、苦手な人には美味しく感じないでしょう。

大人になるとどんな苦味も好きになると言われますが、ピーマンの苦味は大人でも苦手な方が非常に多いですね。

ピーマンが苦い!苦味を減らすには切り方が重要だった!

香り

ピーマンはとても香りが強い野菜でもあります。独特な苦く渋い香りがします。

特に香りが強いピーマンの場合には加熱しても香りがおさまることがありません。料理全体がピーマンの香りになってしまうのです。

Sponsored Link

ピーマンは栄養豊富な野菜!食べないのは勿体無い!

苦いから食べたくないという人が多いピーマンですが、実はピーマンには栄養がたっぷり含まれています。この栄養豊富な野菜を食べないのはとても勿体ないのです。

ピーマンはビタミン類が豊富に含まれています。これにより美肌効果、生活習慣病の予防、がんの予防などの健康効果が期待できます。ビタミンEには優れた老化防止効果もあります。

さらに目の健康や皮膚の健康を維持する効果まであるのです。

また、ピーマンの苦味成分には高血圧予防や便秘解消などの効果もあります。

ピーマンを食べるだけで、たくさんの健康効果、美容効果を得ることができますね。ぜひ大人も子供も食べたい野菜です。

ピーマンが苦手な人でも食べられるレシピってないの?

レシピ

ここでピーマンが苦手な人でも食べられるオススメレシピを紹介したいと思います。ピーマンが嫌われる原因である「味」「苦み」「香り」がおさえられるレシピ3つです。

まず1つ目は「ピーマンのマヨネーズ炒め」です。これはかなりシンプルなレシピですが、ピーマンの苦味をおさえることができます。

フライパンに油ではなくマヨネーズを入れたら、食べやすい大きさに切ったピーマン、お好みでハムやコーンなどと一緒に炒めます。

ピーマンは油でコーティングすることで苦味がやわらぐのですが、特にマヨネーズがおすすめ。お弁当のおかずにもピッタリです。

2つ目は「ピーマン入りドライカレー」です。挽肉、玉ねぎ、にんじんなどを刻んで作るドライカレーに、刻んだピーマンもたっぷり入れてみましょう。

カレーの香りの強さによりピーマンの香りがだいぶ軽減されます。たくさんのピーマンが食べられるのでお子様におすすめのレシピです。

3つ目は「チーズのせピーマンの肉詰め」です。ピーマンの定番レシピである肉詰めですが、最後にチーズをトッピングするだけでピーマンの苦味や渋みがやわらぎます。

ピーマンは十分柔らかくなるまでしっかり焼くのもポイントです。

まとめ

嫌いな野菜の代表のようなピーマンは、味も苦味も香りも嫌われがちです。

でも栄養たっぷりの食材なので食べないのは勿体ないです。家族の健康のためにぜひピーマン料理を作っていきたいですね。

今回はピーマンの難点を上手に解消できる3つのレシピをご紹介しました。ぜひピーマンを使う時に試してみてくださいね。マヨネーズとチーズを使うのがおすすめです。

ピーマンピーマンという名前の由来はフランス語からって本当? ピーマンの花ピーマンの花が咲かない!ピーマンの花がすぐ落ちる!対処法は?

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください