さつまいもを食べすぎると便秘や腹痛になったり太るって本当?

さつまいも

秋になると多くの味覚が旬を迎えますよね。

中でも、ホクホクとした食感と甘味を楽しめるさつまいもは子供からご年配まで人気の食材ですよね。

さて、さつまいもは美味しい事もあり、ついつい食べ過ぎてしまいますよね。でもさつまいもを食べ過ぎると、便秘や腹痛、太る原因になるって知っていますか?

今回は【さつまいもを食べ過ぎは便秘や腹痛、太る原因となるのか?】についてご紹介いたします。

▶ さつまいもの品種一覧!甘くて美味しい種類を探せ!

さつまいもに栄養と期待できる効能は?

ポイント

食物繊維

食物繊維は腸内環境を整える作用があります。

腸内環境が整うと、便秘解消や消化器官の働きが正常になり、代謝のアップや毒素や老廃物の排出効果が得られ高いアンチエイジング効果が期待できます。

葉酸

妊婦さんにとって欠かす事ができない成分ともなっていますよね。葉酸には細胞の形成に欠かせない成分です。

退治の細胞形成に葉酸は欠かせない存在となっており、細胞の形成がしっかりと行われないと先天性障害が起こってしまいます。

しかし、葉酸を摂取する事で剪定性障害のリスクを80%の軽減に効果的となっています。

カリウム

カリウムには体内中の塩分を排出させる働きがあります。体内中の塩分濃度が高いと浮腫みや高血圧の原因となってしまいます。

カリウムには利尿作用があり、塩分排出に効果的となっているのです。

ビタミンC

ビタミンCは免疫力のアップや肌細胞の活性化に効果的となっており、風邪やインフルエンザ対策、高い美容効果が期待できる成分です。

▶ さつまいもの栄養価とカロリーは?ダイエットに向いている?

スポンサードリンク

さつまいもを食べすぎると起こりうる弊害は?

お腹を気にする女性の画像

さつまいもは沢山の栄養が含まれている食材ですが、食べ過ぎはさまざまな弊害が起こる可能性があるのです。

便秘や下痢を起こす人もいる?

さつまいもの食べ過ぎは便秘や下痢の原因となってしまいます。さつまいもには沢山の食物繊維が含まれています。

食物繊維には「不溶性食物繊維」と「水溶性食物繊維」がありますが、さつまいもはこの両方が含まれています。

特に不溶性食物繊維の含有率が多く、不溶性食物繊維には腸を刺激し便を押し出す作用があります。

この働きによって、不溶性食物繊維の摂取過多は下痢につながってしまいます。

また水溶性食物繊維には逆に腸内の水分を吸収してしまい、便が固くなり、便秘にも繋がってしまうのです。

カロリーが高いから太る?

さつまいもは炭水化物化物となっており、カロリーが高いと感じてしまいますよね。

でも、さつまいもを食べ過ぎると太ってしまう原因はカロリーよりも、糖分が大きな原因となります。

特に蒸したり、温めたりすると糖分が高まり太り易くなっているので、注意が必要です。

おならが出てしまう?

さつまいもを食べるとおならが出てしまいますよね。それは、さつまいもに含まれているデンプン質と食物繊維が大きく関係しています。

食物繊維には腸の運動を高める効果があり、さらにデンプン質にはこの運動を高める効果があります。

この運動効果時にガスが発生し、おならとして排出されるのです。

▶ さつまいもを食べるとおならが出るは本当?防ぐ方法とは?

あとがき

さつまいもは美味しいだけでなく、沢山の栄養が含まれています。しかし食べ過ぎは下痢や便秘、太る原因となってしまいます。

特におならが出やすくなってしまうので、人と会う約束をしている方は食べ過ぎには注意が必要ですね。

▶ さつまいもの保存方法は?冷凍と冷蔵どちらが日持ちする?
▶ さつまいもが変色して黒い!緑や黒い斑点があるのは食べられるの?
▶ さつまいもは野菜なの?それとも穀物なの?

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください