鶏ささみって犬に食べさせても大丈夫なの?

鶏ささみ

ペットとして飼われている犬って、他人から見れば、ただの動物でも、飼い主から見れば、家族同然ですよね。

そんな家族が、衛生管理がきちんとされていると信じて、購入したペットフードを食べ、死亡してしまうという痛ましい事故がありました。

そのペットフードに使われていたのが、鶏ささみだったのです。

この事故のことを知ると、大切に飼っているペットの犬に鶏ささみを与えても、本当に良いのか?気になるのは、飼い主として当然の心理ですよね。

そこで、犬に鶏ささみを食べさせて良いのか?また、その際の注意点は?何が問題なのか?与えて良い量は?

更に、この事件についても詳細をお伝えしたいと思います。

鶏ささみ鶏ささみの栄養と期待できる効能は?食べ過ぎには注意することある?

Sponsored Link

鶏ささみは犬に食べさせても大丈夫なの?

鶏ささみ

基本的には、問題ありません。

低脂肪低カロリーなので、ダイエット中の犬にはもってこいです。

また、高タンパク質なので、犬の毛艶を整え、内蔵や血液、骨を作るという大切な役割を果たしてくれます。

その他、ナトリウムやリン、カリウム等のミネラルも豊富で、犬にとっても健康的な食材です。

Sponsored Link

鶏ささみを犬に食べさせるときに注意することは?

如何に健康的な食材でも、ペットの犬に食べさせる際には注意があります!具体的にご説明しますね。

① 鶏アレルギーを疑わないといけない。
人と同じように、犬にもアレルギー体質の子がいます。先天的な場合があるので、初めて食べさせるときには、極少量を与えて、様態を見ます。

下痢や嘔吐、皮膚の痒み、目の充血が見られたら、アレルギー症状が出ている証拠です。

直ぐに、病院に連れていってあげて下さいね。また、上記のような症状が出ていなくても、いつもと違って元気がない様子が見られたら、しばらくの間、注視しておかないといけませんね。

また、アレルギーがなくても、初めての食材で消化不良を起こす場合もあります。やはり、少量から。

逆に、同じものを長期間に渡って食べ続けた結果、後天的にアレルギー症状を起こす場合があります。

よって、常に与える頻度と量は考えないといけませんね。

 

② 生食はダメ!
本来、犬は生で肉を食べても問題のない動物です。ただ鶏肉は、食肉用に加工される過程で細菌やウイルスが付着している可能性が高いため、必ず「加熱して」与えるようにして下さいね。

 

③ 香辛料に注意!
人間用に味付け加工された鶏ささみは、絶対に犬に与えてはいけません!よく味付けに使われる、ニンニク、玉ねぎ、ナツメグは、犬が口にしてはいけない香辛料なのです。

更に塩や砂糖も、それ自体は害がありませんが、大量(犬にとってであって、人間にとってはごく普通の量でも)に摂ると、犬の体にとって影響が大きく、病気を誘発しかねません。よって、基本的には味付けをする必要がないのです。

 

リンを過剰摂取させると腎疾患になる?

先に、鶏ささみにはリンが豊富に含まれているお話をしたかと思います。そのリンの摂り過ぎは、腎疾患を招いてしまうのです。人間でも犬でも同じです。

腎臓は、血中の老廃物をろ過したり、体内で必要とする水分量を調節する機能があります。

その具合が悪くなると、尿毒症や脱水症状を起こしてしまうのです。一度、腎疾患になると、完治することない恐ろしい病でもあります。注意が必要ですね。

また、リンはカルシウムの吸収率を下げてしまいます。

ですから、リンを過剰に摂取すると、せっかくカルシウムを摂っても、不足してしまう事態が起こるのです。その点でも、鶏ささみの与え過ぎには注意が必要です!

どのぐらいの量が適量?

鶏ささみの食べ過ぎは、リンの過剰摂取に繋がることがお分かりいただけたかと思います。

とはいえ、先にお話しした通り、ダイエットを必要とする犬にとっては、低脂肪低カロリーなので、おやつとしては最適な食材です。

目安としては、その犬が必要とするカロリーの10%以内にします。体の大きさや犬種にもよりますが、1日120g程度が適量ですね。ささみ1本約50~60gなので、2本が限界といったところです。

ちなみに、ささみはペットフードのような総合栄養食ではないので、ダイエットをしている犬に限らず、主食の補助程度とお考え下さいね。

鶏ささみを使ったペットフードで犬が死亡した事件の詳細

ポイント女性

2019年8月に生活クラブ連合会より報告がありました。

前年2018年の4月から販売されていたペットフード「犬・猫用ササミ姿干し 無塩」(総数47,222袋、製造元(株)ノースペット)から、サルモネラ菌や大腸菌群が検出され、ペット68匹に下痢、嘔吐、血便の症状があり、うち14匹が死亡したと。

製造元がササミを加工する際に、加熱処理不足だったことが原因だそうです。

検出されたサルモネラ菌は、07群といわれるもので、本来危険度はあまり高くないものの、抵抗力のない子犬や老犬の中には小さからず影響を与えてしまったようです。

まとめ

鶏ささみは、その特徴から人気の高い食材です。だからこそ、可愛いペットにも長生きして欲しいと、与える飼い主さんのお気持ちは分かります。

あくまでも、おやつ程度で!リンの過剰摂取にならないように、与える量には、くれぐれも気を付けてあげて下さいね。

鶏ささみ鶏ささみの筋取りをする理由とは?取らなくても良い?

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください