カタツムリの殻を取ると死んじゃう?割れたらどうすればいい?

カタツムリの画像
カタツムリは殻があります。その殻を取ったらどうなるのでしょうか?子供の時に疑問に思って殻を取ってしまった人もいるのではないでしょうか?

好奇心に忠実な子供だから許される事なのかもしれませんが、結構やっていることは残酷だったりすることって多いですよね?

「アリって溺れるのかな?」

と思って水の中にアリを落としてみたり。

さてカタツムリの話に戻りますが、カタツムリの進化した姿がナメクジという話は以前しました。

ならば、私達がその進化を手助けする形でカタツムリはナメクジとして生きるのでしょうか?

それともヤドカリみたいに違う殻を探すのでしょうか?気になったので調べてみました。

今回の記事の内容
  • カタツムリの殻がある理由とは?
  • カタツムリの殻を取ったらどうなる?
  • カタツムリの殻が割れたらどうすればいい?

 

Sponsored Link

カタツムリの殻がある理由は?

カタツムリ

カタツムリの本体の部分という表現は少しおかしいですが、ナメクジみたいな身の部分ですね。そこと殻の部分って一体化しています。

殻と言われている部分は実は殻ではなくて、体から染みだした石灰分で作られている部分だったりします。

そして殻と呼ばれる部分には臓器とかそういうのもつまっていたりします。生命を維持するのに必要な臓器が殻の中にあるのでなくてはいけない存在です。

また殻の部分には水分保持の意味もあると言われています。ナメクジやカタツムリは塩をかけると縮んで、最終的には死んでしまいます。

何故塩をかけると死んでしまうかというと水分を奪われてしまうからなのですが、カタツムリにとって水分維持は本当に重要な事です。

だからこそ殻を覆う事で、水分を奪われないようにするという意味もあって殻があると言われています。

殻を取ってしまうとカタツムリは死んでしまう

カタツムリ

「カタツムリの殻を取ったらどうなるのか?」

前項の内容を見ればわかると思いますが、殻をとってしまったカタツムリは死んでしまいます。

そりゃあ臓器がつまっている部分を取ってしまったり、水分を保持できたり出来ないと思うと生命を維持するのは不可能です。

Sponsored Link

カタツムリの殻に傷がついたりちょっと割れちゃっても死んじゃうの?

カタツムリ

殻を取られたらカタツムリは死んでしまう。そう考えるとカタツムリにとって殻は命そのものだと思います。

そんなカタツムリの殻に傷がついたり少し割れたら・・・一大事ですよね?

実は少々のひび割れ程度ならカタツムリは死ぬことはないです。

カタツムリは自分で石灰分を出して修復することが可能なのでちょっと割れた程度なら生きながらえることが可能です。

なので私達が何か接着剤などで修復する必要はなく自然に任せて放置しておけば問題ありません。

ユミ

飼っているカタツムリの殻が割れてしまった場合は卵の殻などを食べさせることが重要だったりします。理由は下のリンクを参考にしてみてください。
カタツムリ実はカタツムリはコンクリートを食べるって本当?調べました!

 

カタツムリの殻を取ったらどうなるまとめ

  • 殻を無理やりとったらカタツムリは死んでしまう
  • 殻に傷や少しの割れ程度なら自然に治癒する
  • 殻の役目は中に臓器がある部分と、水分を維持するため
 

カタツムリでんでん虫はカタツムリの別名?本当に同じなのか違いがあるのか? カタツムリの画像カタツムリは昆虫ではなくて巻貝の一種というのはホント?

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください