Column Navi

日常生活のささやかな豆知識をあなたに

草むしりをするコツはあるの?どんな道具や服装でやればいいの?


草むしり

草ってすぐに伸びてきて、庭先や駐車場で邪魔な存在となってしまいますよね。そんな草を除去する草むしりを行う方は多くいらっしゃいますが、重労働ともなってしまいます。

草むしりを行う時のコツがあればもっと簡単に行う事ができますよね。

そこで今回は【草むしりのコツとは?】【草むしりはどんな道具や服装で行えばいいのか?】について触れてみたいと思います。

▶ 草むしりってどの時期にするといいの?頻度は?

スポンサードリンク

草むしりを楽にするコツとは?

ポイント

草むしりはかなりの重労働となります。しかし、コツを掴むと楽に行う事もできるのです。

雨上がりの後でやる

草むしりは雨上がりに行うと良いのです。雨上がりに行うと「地面がヌルヌルする」「草に付いた水気で濡れる」と思ってしまいますよね。

しかし、雨上がりが草むしりにおいてベストな状態となるのです。雨上がり後は、土が柔らかくなるので、雑草を根本から除去しやすくなります。

根本から除去しないと、またすぐに生えてきてしまいますので、雨上がりが最も適しています。

草むしりをする前に水を撒く

雨がなかなか降らない時期は水を撒くと良いですね。水を撒く事で土が柔らかくなり、草むしりがスムーズに行えます。

目立つところから抜いていく

ボーボーと生えている草を見ただけで「大変そう」と感じてしまいますよね。まずは目立つ所から始めると良いです。

目立つ所の除去が終わると、遣り甲斐を感じ「もうちょっと」という気持ちが沸き上がります。

スポンサードリンク

草むしりにあると便利な道具は?

草むしりは、手で引き抜いたりするだけでは非常に大変な作業となります。そこで、草むしりにあると便利な道具をご紹介します。

まずは、ねじり鎌。

表面の草を刈るだけでなく、土中の根を掘り出す事もできます。

次に根さばき。

盆栽の手入れでも使う道具ですが、コンクリートの僅かな隙間から生えている草の除去に効果的です。

草むしりにどんな服装がベスト?

草むしりにおいて服装も重要な要素となるのです。

まずは、長袖長ズボンです。

暑い時期だと軽装の方が良いと感じてしまいますが、肌に直接日光が当たるとより暑さが感じられる上、日焼けの原因にも繋がります。

また肌の露出を少なくする事で、虫刺され対策にもなります。

服は通気性に優れている物を選んでしまいますが、害虫が侵入したり、草のエキスが肌に触れかぶれや痒みの原因となってしまいます。

通気性が少なく、厚みのあるしっかりとした服装で行うとさまざまな料理な対策となります。また足元は長靴が鉄則となっており、日差し防止の為、鍔のある麦わら帽子等がオススメとなります。

あとがき

草むしりって簡単に行えると思っている方がおりますが、コツを掴まないと重労働になってしまうのです。

また、草むしりを行うのに便利な道具を用意する事や、害虫や日差し防止の服装を行う事も重要な要素となります。しっかりとした対策で草むしりに臨めば、決して大変な作業ではないのです。

▶ 草むしりをしたら腰痛になった!原因と対処法は?

スポンサードリンク