5月29日はエベレスト登頂記念日!その由来を調べました!

エベレスト

5月29日はエベレスト登頂記念日です。エベレストといえば世界一高い山で有名ですよね?

その登頂記念日ということですから・・・察しが良い人ならどういう由来でこの記念日が作られたかというのは想像し易いのではないでしょうか?

今回はエベレスト登頂記念日が作られた理由、そして初めて登頂成功した人について記事にしていきたいと思います。

スポンサードリンク

エベレスト登頂記念日が作られたワケは?

エベレスト

この記念日が日本の記念日なのか、世界の記念日なのかによって違ってくるのはわかると思います。

日本の記念日だと日本で初めて登った人になるわけですから・・・。

この記念日は世界の記念日とされています。つまり世界で初めてエベレストに登頂成功した日という記念日だということがわかります。

初めて登頂に成功したのは1953年5月29日、ニュージーランドのエドモント・ヒラリーさんとシェルパ族のテンジン・ノルゲイさんの2人のようです。

コレがきっかけで5月29日がエベレストに登頂記念日になったというわけですね。

エドモント・ヒラリー卿とは

1919年オークランドで生まれました。職業は家業の養蜂を手伝いつつニュージーランドの山を登っていた人のようです。

1953年にエベレストに登頂成功していますが、実は1951年、1952年にもエベレスト登頂隊に参加していずれも失敗しています。

1953年のエベレスト登頂成功を祝し、エリザベス2世よりsirの称号を得たようです。

その後も彼の探究心は止まらず、南極点に到達したり、ガンジス川を渡航したりと冒険家として世界的に有名な人だったりします。

日本初のエベレスト登頂成功した人は誰?

1970年5月11日に日本人初のエベレスト登頂に成功した人は2人いて、松浦輝夫さんと植村直己さんです。

平林克敏さんも同じ日本山岳会のチームでエベレストを目指し次の日の5月12日に登頂成功しているため、この3人が日本人初のエベレストを登った人と言われる事が多いです。

スポンサードリンク

『そこに山があるから』の名言はエドモント・ヒラリー卿さんが言った言葉ではない

山

よく勘違いされがちだが、山登りで一番有名な名言ありますよね?何故山に登るのですか?の質問に対して『そこに山があるから』

この名言を言ったのはエドモント・ヒラリーさんという勘違いをしている人がいますが実は違います。

エドモント・ヒラリーさんも数々の名言を残していますが、『そこに山があるから』の名言はジョージ・マロリーさんです。

ちなみにジョージ・マロニーさんはまだエベレストが登頂した時代に3回もエベレストに挑戦しています。しかし第3次遠征隊(1924年)の時に遭難してしまって残念ながら亡くなった方です。

『そこに山があるから』自体も誤訳だったりする・・・

マロリーが「なぜ、あなたはエベレストに登りたかったのか?」と問われて「そこにエベレストがあるから」と答えました。

これが日本では誤訳されたのでしょう『エベレスト→山』に変わってしまって伝わっているんですね。

エベレスト記念日まとめ

  • エベレスト記念日は5月29日
  • 世界で初めてエベレストの登頂に成功した日が記念日の由来
  • 世界で初めてエベレストに登った人はエドモント・ヒラリーさん

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください