Column Navi

日常生活のささやかな豆知識をあなたに

桜島大根という品種の特徴と旬の時期はいつ?


桜島大根

大根は日本人の食生活の中で、身近な野菜の一つとなっています。

野菜スティックやサラダで食べると、シャキシャキとした食感が楽しめ、煮物やおでんの具材にすると、ダシの旨味をたっぷりと吸い込んでくれますよね。

さて、「大根」と一口に言っても多くの品種がありますが「桜島大根」も人気が高い品種となっています。

今回は【桜島大根の特徴や旬の時期とは?】についてご紹介致します。

▶ 三浦大根という品種の特徴と旬の時期はいつ?

スポンサードリンク

桜島大根とは?

ポイント

桜島大根は、鹿児島県の特産品ともなっている品種で、桜島周辺で栽培が盛んに行われています。

桜島大根は平均的に6㎏にもなる重量で、大きい物は30㎏になる事もあります。その為、「世界一大きい大根」としてギネス記録に認定されています。

さらに大根といえば、太く長いイメージがありますが、桜島大根はまるでカブのような形をしており、胴回りは50㎝程にもなります。

地元では「しまでこん(島大根」として親しまれています。

桜島大根の食べたときの味などの特徴は?

桜島大根は果肉が緻密でシャキシャキとした食感とみずみずしさが楽しめます。

また大根の品種によっては辛み成分が強い物も多くありますが、桜島大根は辛みがほとんど無く甘味を楽しめる品種となっています。

スポンサードリンク

桜島大根のオススメのレシピは?どんな料理に使うと美味しい?

ポイント女性

桜島大根は加熱すると、味がとても染み込み易い品種です。ぶり大根やおでん、煮物にピッタリな品種です。

また、桜島大根はビックな大きさが特徴的となっています。

カットせず、丸ごと土鍋で煮込むと、豪快な煮物料理となり、パーティーやお祝い事の演出にもピッタリですね。

主な産地はどこ?旬の時期っていつなの?

外国人が考える

桜島大根は鹿児島県桜島周辺が主な産地となっています。

土壌環境等が異なる為、他県での栽培は困難と言われていますが、横須賀市を始め全国各地で栽培が行われています。

そんな桜島大根は12月~3月初旬が収穫時とされており、1月中旬~2月初旬が甘味の蓄えられた桜島大根を味わえる旬となっています。

桜島ってよく噴火するけれど大根作れるの?

桜島と言えば、噴火したとのニュースを観かける事がしばしばありますよね。

そんな、噴火しやすい火山の傍で桜島大根を栽培する事ができるのか、不思議に感じる方もいらっしゃいますよね。

実は、桜島の火山灰が桜島大根を大きくする秘訣ともなっているのです。

火山灰には軽くて小さな石が沢山含まれています。この石は通気性に優れ、水もしっかりと含む性質があります。

つまり、桜島の火山灰は畑の土壌環境をより高める働きがあり、この土壌環境が桜島大根には欠かせない要素となっているのです。

あとがき

鹿児島県の特産品であり、世界一大きい大根としても認定されている桜島大根。

甘みがあり、加熱すると味がとても染み込み易いので、全国各地の料亭や飲食店で重宝されています。

桜島の火山灰が桜島大根の大きさの秘訣ともなっており、大きいながらも甘味が十分に蓄えられた桜島大根を栽培する事ができているのです。

▶ 赤い大根の種類一覧!普通の大根と栄養価が違う?
▶ 白い大根の種類一覧!自分の好みの大根はどれだ?

スポンサードリンク