亀戸大根の品種の特徴と亀戸大根あさり鍋が食べられる老舗がある?

亀戸大根

出典:http://www.ohfuji.net/?p=423

味噌汁や漬物を始め、さまざまな料理で親しまれている大根。

生食で食べるとシャキシャキとした食感を楽しめ、煮物にすると味がよく染み込み食生活に欠かせない食材となっていますよね。

さて、大根にもさまざまな種類がありますが、「亀戸大根」という種類をご存知でしょうか。

今回は【亀戸大根という品種の特徴とは?】【亀戸大根を使った絶品グルメの特徴が味わえるお店とは?】についてご紹介致します。

▶ 桜島大根という品種の特徴と旬の時期はいつ?

スポンサードリンク

亀戸大根とは?

ポイント

亀戸大根は江東区亀戸付近で江戸時代頃から栽培が行われている品種です。江戸東京野菜のひとつに認定されており、「古き善き野菜」の一つとなっています。

「亀戸大根」は亀戸地域での栽培が盛んだった事で、亀戸大根と名付けられています。

明治期の栽培が最も盛んだ頃は、「お多福大根」や「おかめ大根」とも呼ばれていましたが、現在は栽培数が激減し、極僅かな流通数となっています。

その為、「幻の大根」とも呼ばれています。

栽培数も流通数も少ない亀戸大根ですが、亀戸地域においては地元小中学校で栽培が行われ、地元野菜お大切さや継承が行われています。

さらに、神事においても奉納品として重宝されています。亀戸大根は根っこの部分に向かう程、細くなっているのが特徴的です。

大きな葉っぱでありながら、長さは30㎝程、太さも5Cm程と一般的に流通されている青首大根と比較すると小ぶりな品種です。

スポンサードリンク

亀戸大根の食べたときの味などの特徴は?

亀戸大根は果肉がとても緻密で、辛みを楽しめる品種です。その為、大根卸しにすると、ピリッとした辛味があり、薬味として絶品です。

また葉っぱがとても柔らかいおで、根の部分と一緒に漬物で味わうのがおススメの食べ方です。

主な産地はどこ?旬の時期っていつなの?

亀戸大根は江東区亀戸付近で栽培が行われている品種です。現在では、あまり流通されていませんが、亀戸地域を訪れると味わう事ができます。

そんな亀戸大根は10~4月が旬の時期となっています。

亀戸大根は希少な大根!実は専門店があったりする!

ポイント

「幻の大根」とも言われている亀戸大根。そんな、希少価値が高い亀戸大根の専門店がある事をご存知でしょうか。

亀戸大根を味わえるお店が「亀戸升本本店」です。

こちらのお店では、「亀戸大根あさり鍋」人気メニューとなり、連日多くの方が訪れているのです。

20個以上のアサリをふんだんに使い、7種類の味噌をブレンドした特性の汁が決めてとなっています。

亀戸大根は程良く火が入っているので、シャキシャキとした食感も楽しむ事ができます。

そのまま食べて良し、大根とアサリの旨味が溶け出した汁をご飯に掛けて良しと多くの方から大好評となっています。

心も体も温まる料理で、寒い冬には絶品ですね。

あとがき

亀戸大根は現在では、あまり見かける事ができない品種となっていますが、亀戸地域では地元野菜として継承が行われています。

そんな幻の大根と言われている亀戸大根を味わえるお店があり、絶品グルメを堪能する事もできるのです。

江東区を訪れた際には、亀戸升本本店で亀戸大根を味わってみては如何でしょうか?

▶ 赤い大根の種類一覧!普通の大根と栄養価が違う?
▶ 白い大根の種類一覧!自分の好みの大根はどれだ?

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください