Column Navi

日常生活のささやかな豆知識をあなたに

ジップロックを洗う!収納する!おすすめする整理術は?


ジップロック

ジップロック袋って利便性が高い事で、さまざまなシーンで活用されていますよね。下処理した食材の保存や小物入れ等日常の多くで使用できるアイテムとなっています。

さて、ジップロック袋を利用して再度使用する時どのように洗っていらっしゃいますか。そして一度使うとかさばるジップロック袋をどのように収納されているでしょうか。

今回はジップロック袋を使用したかたであれば誰しもが悩みとしてしまう【ジップロック袋の洗い方とは?】【お勧めな収納方法】についてご紹介致します。

▶ お風呂でスマホ操作はジップロックがおすすめ?それとも防水ケース?

スポンサードリンク

使い終わったジップロックはどうやって洗うのがいい?

水道

ジップロック袋に食材を入れ保存されている方は多いですよね。そんなジップロック袋を一度使って再利用される方もいらっしゃいます。

そこで重要なのが【どのように洗えばよいのか?】ですよね。一度使用した、ジップロック袋の洗い方をご紹介致します。

まず「それ程汚れていない場合の洗い方」です。

小物や汚れがほとんど付着しない食材をジップロック袋に入れても、目立つような汚れが付着しない場合もありますよね。

そんな時には【水洗い】で十分です。2~3回ほど、ジップロック袋に水を入れ、口を塞ぎジャブジャブと袋を上下させるだけで十分です。

洗った後は水気がしっかりと無くなるまで乾燥させると再利用できます。

そして「汚れがひどい」場合の洗い方です。

お肉や魚、調理済みの物を入れると油汚れで袋内が汚くなってしまいますよね。そんな時には【洗剤で洗う】事です。

食器と同じようにスポンジに洗剤を付け、しっかりと洗います。後はしっかりと水洗いを行い、乾燥させるだけで再利用できます。

スポンサードリンク

一度使ったジップロックはかさばる!どうやって圧縮する?

ポイント

使用前は膨らみも全く無く、圧縮された状態となっていますが、一度利用してしまうと膨らみが生じてしまいますよね。

そこで一度利用したジップロック袋でも、かさばらずに圧縮する方法をご紹介致します。

ストローで中の空気を吸い出す

ジップロック袋の口をストロー1本分が入る所までしっかりと閉じます。ストローにて内部の空気を吸い込むと中に充満している空気が吸い出され圧縮されていきます。

空気をしっかりと吸い出したら、ストローを外し口を完全に締めるだけで圧縮されます。

テーブルやキッチンの角を使う

テーブルやキッチンの角の所にジップロック袋を押し当て、滑らせて行くと中の空気を抜く事ができ圧縮する事ができます。

テーブルやキッチンの角でなくても、定規を底の部分に当て入口に向かって滑らせる方法でも空気を抜く事ができます。

ジップロックを収納する場所はどこがおすすめ?

ポイント女性

ジップロック袋をどこに収納されていらっしゃいますか。ジップロック袋を収納する場所としては湿気が篭らず、通気性の良い所がお勧めとなります。

湿気が堪り易い場所に収納してしまうと、ジップロック袋内にも湿気が溜まってしまい使用出来なくなってしまいます。

水気の無い棚や引き出しに収納すると良いですね。

ジップロックは何回ぐらい再利用してもいいの?

ジップロック袋を再利用している方の大きな悩みは「何回再利用できるの?」ですよね。

野菜といったあまり汚れが付着しない物を入れる場合は【2~3回】が再利用の目安となります。

油汚れや臭いがキツい物であれば【1回】もしくは使い捨てが良いですね。再利用できる袋であっても衛生面がとても重要となります。

▶ ジップロックの袋を再利用する?それとも使い捨てにする?

あとがき

ジップロック袋は水洗いもしくは、洗剤でしっかりと洗う事で再利用する事ができます。一度利用するとかさばってしまいますが、圧縮する方法もあり、収納にも困りませんね。

ただ、再利用するにも限度があるので、汚れが観られる場合には再利用の限界ともなるので、新しい物に変える事も大切ですね。

▶ ジップロックは電子レンジでチンすると溶ける?それとも大丈夫?
▶ ジップロックを使う時真空状態にする裏技は?

スポンサードリンク