ルッコラをサラダ以外の食べ方でおすすめなレシピを紹介!

ルッコラ

ルッコラはレストランなどでは食べたことがあっても、食卓に並ぶことは少ない食材かもしれませんね。

でも、健康効果、美容効果が抜群で、スーパーなどで簡単に手に入る食材なのでおすすめのハーブです。少し加えただけで料理の印象を変えてくれるのも魅力です。

ここではルッコラのおすすめなレシピを紹介したいと思います。サラダ以外の食べ方もたくさんあるんです。

ルッコラルッコラって英語で何ていうの?そもそも何語?

Sponsored Link

ルッコラはサラダとして食べることが多い!

ルッコラ

「ルッコラなんて使いこなせるかしら」と思う方も多いかもしれませんね。そんな時には、とりあえず生のままサラダにしてしまいましょう!

ルッコラはサラダとして食べることが多く、サラダにすれば間違いありません。

ルッコラの魅力はビタミンCが豊富に含まれていることなのですが、ビタミンCは生の方が効果が高いためサラダにするのはおすすめです。

大きめのルッコラは一口大に切っても良いですが、そのまま使ってもOK!レタスよりも簡単ですね。

ルッコラのサラダとして相性が良いのは「生ハム」「トマト」「チーズ」です。ドレッシングは「オリーブオイル」「バルサミコ酢」ベースがおすすめ。ルッコラの苦味とマッチします。

ルッコラ初心者の方は、レタスのサラダを作るイメージで考えればOKです。シンプルにオリーブオイルと粉チーズと塩コショウをトッピングしただけでもおしゃれなサラダになりますよ。

Sponsored Link

旬のルッコラはサラダ以外で食べても美味しい!どんなレシピがある?

ルッコラ

おひたし

旬のルッコラはまろやかな味とやわらかさがあり、とても美味しいです。

1年中スーパーで売られているルッコラですが、旬の時期は春と秋です。鮮やかな緑色をしているルッコラは新鮮なサインです。

旬の時期のルッコラのおすすめレシピは「おひたし」。ルッコラはサラダ以外の食べ方もおすすめなんです。イタリアンなイメージがありますが、和食にも合います。

ルッコラはすぐに火が通るのでサッとゆでるようにします。30秒くらいで十分です。

冷水にとって水気を絞ったら、だし汁、醤油、みりん、塩で整えた液に浸しましょう。

シンプルにポン酢+かつおぶし、醤油+生姜すりおろし、醤油+からし等でいただくのも美味しいです。

胡麻和え

ルッコラの特徴は胡麻の香りです。この香りをさらに活かすために「胡麻和え」にするのもおすすめです。作り方はほうれん草の胡麻和えと同じです。

ルッコラをさっと茹でて冷水にとり水気を切ります。すりごま、醤油、砂糖、みりんで味を整えたものと和えればできあがり。

ごま好きにはたまらない1品です。白ごまも黒ごまもおいしいです。ほうれん草の胡麻和えに飽きたらぜひ試してみてくださいね。

かき揚げ風天ぷら

香ばしい味のルッコラは天ぷらにしてもおいしいハーブです。シソの天ぷらのイメージですね。

おすすめは「かき揚げ風天ぷら」です。海老やほたてなどの海鮮と合わせると豪華でおいしい1品になります。

揚げる時間が長いと焦げてしまうので、多めの油でカラリと短時間で揚げてくださいね。

きのこのブルスケッタ

最後にご紹介するのが「きのこのブルスケッタ」です。ルッコラはきのこと相性が抜群です。

お好みのきのこ、ベーコン、ニンニクをバターで炒めます。バルサミコ酢を少量加えて味を整えたら、ざく切りにしたルッコラをたっぷり加えます。

ワイン&バゲットと楽しめるおしゃれな1品です。ショートパスタと合わせてアレンジするのもおすすめです。

まとめ

ルッコラはちょっと敷居の高いハーブのように思われがちですが、レタスのようにサラダにしたり、ほうれん草のようにお浸しや胡麻和えにすることができます。

これなら簡単に普段の料理に取り入れることができますよね。

また、きのことの相性がとても良いので、ブルスケッタ、ピザやパスタと合わせてみてくださいね。

ルッコラの独特の香りと鮮やかな緑が、いつもの食卓に彩りを加えてくれるでしょう。

ルッコラルッコラって旬の時期はいつ?美味しいレシピは? ルッコラルッコラの保存期間と日持ちさせるコツとは?

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください