コーヒー牛乳とカフェオレって何が違うの?

コーヒー

コーヒーショップや喫茶店で「カフェラテ」や「カフェオレ」、「カプチーノ」と言ったメニューが沢山ありますよね。

年齢がばれてしまいますが「昔はコーヒー牛乳だけだったのに(笑)」なんて思う事は有りませんか?

私自身、お店によって「カフェラテ」や「カフェオレ」を使い分けていますが、どういう基準が有るかはよくわかっていません。

そこで、今回は「カフェラテ」や「カフェオレ」、「カプチーノ」といったコーヒーの種類とそれぞれの特徴についてご紹介したいと思います。

コーヒーコーヒーはコーヒーミルク(コーヒーフレッシュ)と牛乳おすすめは?

スポンサードリンク

コーヒー牛乳とは?

コーヒー牛乳

懐かしいイメージのあるコーヒー牛乳、私は勝手に「コーヒーが主張しすぎなくて甘い飲み物」なんてイメージを持っています。

実際のコーヒー牛乳は、厳密な作り方は無いようですが「コーヒーより牛乳の方が多く入っている」や「先に牛乳をついでから、コーヒーを加える」という説が多く聞かれました。

コーヒーより牛乳の量が多いのでカフェイン含有量が低く、夜寝る前に飲んでも大丈夫だったり、子供さんでも美味しく飲めるようです。

カフェオレとは?

コーヒー

では、カフェオレはどのように作られるのでしょうか?

カフェオレは作り方が決まっていて「ドリップしたコーヒーと牛乳を1対1の比率で混ぜて作ります」

そしてコーヒー牛乳とは逆に「先にコーヒーをついでから、牛乳を加える」そうです。

スポンサードリンク

コーヒー牛乳とカフェオレの簡単に違いを説明すると?

調べる女性

コーヒー牛乳とカフェオレの作り方を比べると「コーヒー牛乳と同じじゃない」と思いますよね。

確かに、作り方として殆ど差は有りませんがカフェオレは「コーヒーが主役」でコーヒー牛乳は「牛乳が主役」になるようです。

ちなみにカフェラテやカプチーノ、カフェマキアートとの違いは?

「カフェラテ」と「カプチーノ」「カフェマキアート」がメニューに並んでいると、「それぞれの違いが判らない」なんて心の中で焦りながら注文していませんか?

どちらも作り方を確認して、違いを知りましょう。

カフェラテの作り方
カフェラテはドリップコーヒー(エスプレッソでもOKと言う説も)に温めた牛乳を加えて作りますが、更に泡立てた牛乳(フォームドミルク)を加える事もあります。

 

カプチーノの作り方
カプチーノはエスプレッソコーヒーに温めた牛乳と泡立てた牛乳(フォームドミルク)を同量加えて作ります。

 

カフェマキアートの作り方
カフェマキアートはエスプレッソと泡立てた牛乳(フォームドミルク)で作りますが、「カプチーノ」より牛乳の量が少ないのが特徴です。まず最初に泡立てた牛乳(フォームドミルク)をカップについでからエスプレッソを注ぎます、最後に泡をのせて完成です。

 

 

わからない時は、質問しましょう

実際に、お店でどれを注文しようか迷ったときは「お店の人に質問する」のをお勧めしたいです。コーヒーに拘っているお店であれば、質問を受けて嫌がる人はいないと思います。

お店が混んでいない時なら、コーヒーの違いや楽しみ方を喜んで説明してくれるはずです。勇気を出して質問した事をキッカケに仲良くなる事も多いです。

自分好みのお店を利用する時は、日頃疑問に思っている事を聞いてみませんか?

あとがき

「コーヒー牛乳」と「カフェオレ」、「カフェラテ」の違いは分かりましたか?

なんとなく違いが分かっていても、「説明して」と言われると自信がなかったりしますよね。違いを知ると、気分によって何を飲むか選べたり、自信を持って人にお勧めする事も出来ますよね。

色々と分かりにくいコーヒーの種類ですが、少しずつ楽しみながら知識を増やしていくのも楽しいですよ。

コーヒー酸化したコーヒーを飲むと体に悪いって本当?毒とか害はあるの? コーヒー酸化したコーヒー豆や粉を復活する方法ってあるの? コーヒーコーヒーは豆派?それとも粉派?あなたはどっち?

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください