酸化したコーヒーを飲むと体に悪いって本当?毒とか害はあるの?

コーヒー

酸化したコーヒーは美味しくないという話は有名ですが、酸化したコーヒーを飲む事で体への影響があるかどうかについてはハッキリしませんよね?

コーヒーが好きな人ほど、飲んでいるコーヒーで体に悪影響を与えるのは避けたいと思うのは当然です。

今回は酸化したコーヒーを飲んだ時に体にどんな変化があるか、科学的根拠も交えてご紹介しようと思います。

ユミ

酸化したコーヒーって味が悪くなるだけでなく体にも良くないとしたら・・・気になっちゃいますよね?
コーヒー酸化したコーヒー豆や粉を復活する方法ってあるの?

スポンサードリンク

酸化したコーヒーを飲むことで体に及ぼす悪影響は?

コーヒー

まずは、一般的に広まっている酸化したコーヒーを飲んだときに起こる体の変化を紹介します。

これから紹介する症状の中に、もしコーヒーを飲んでいた時の自分と同じ症状が有った方は、今現在のコーヒーの保存方法を見直す良いきっかけになりそうですね。

胃に負担がかかる

まず最初に「酸化したコーヒーを飲むと胃の調子が悪くなる」です。これは、酸化したコーヒーを飲む事で「酸化した”酸”」が胃の刺激になると思われているようです。

ただし「実際には、”酸”が原因ではなくカフェインの取りすぎの影響では?」という意見もあるようです。

喉に違和感

次は「コーヒーを飲んでから長い時間、後味が残ったり喉に刺激を感じる」です。

一般的にコーヒーを飲んだ後しばらくすると後味は薄れていきますから、コーヒーを飲んでから長時間に渡って違和感があるという事は「酸化したコーヒー」が影響しているのかもしれません。

吐き気がする

「酸化したコーヒーを飲むと、ムカムカする(気持ち悪くなる)」こちらも酸化したコーヒーを飲む事で「酸化した”酸”」が胃を刺激して気持ちが悪くなると思われています。

ただこの意見も「実際には”酸”の影響ではなくカフェインの取りすぎが原因では?」という意見もあります。

お腹を壊す

「酸化したコーヒーを飲んで暫くすると、おなかの調子が悪くなる」という意見もありました。

こちらは体質としてお腹が弱いタイプである可能性もありますが、多少かもしれませんが「酸化したコーヒー」が刺激になっている可能性は有ります。

肝臓に悪い

酸化したコーヒーは、コーヒーに含まれる油分が「過酸化脂質」へ変化しているので酸化したコーヒーを飲み続けると、「過酸化脂質」を分解する肝臓に負担がかかるという説もあります。

肝臓は「解毒」や「物質の代謝」を受け持つ臓器です、酸化したコーヒーが肝臓に影響するという説は説得力が有るように感じますね。

スポンサードリンク

実は酸化したコーヒーが体に悪いというのは科学的根拠はない?

ポイント

では、本当に「酸化したコーヒーは体に悪い」と言う説を裏付ける根拠はあるのでしょうか?Wikipediaで調べたところ下記のように書かれていました。

「コーヒー豆を保存するとき成分の酸化(特に脂質の酸敗)による品質低下が問題になること、抽出したコーヒーを保温しつづけると色素の酸化重合や過酸化水素などのフリーラジカルの生成がおきることが知られているが、健康との関係についての研究報告はまだ行われていない(Wikipediaより引用)」

現時点で「酸化したコーヒーは体に悪い」を証明する研究結果は出ていないようです。

世界中の人々に愛飲されているコーヒーなので、今後「酸化したコーヒーが体に与える影響」について研究結果が発表される事もあると思います。

しっかりとした研究結果を期待したいですね。

あとがき

いかがですか?酸化したコーヒーを飲んだ時の身体への影響読んでお自分に思い当たる事はありましたか?

「酸化したコーヒーは体に悪い」という科学的根拠は見つかっていませんが、思い当たる症状が有るなら「酸化していない美味しいコーヒー」を飲むことで解決できるかもしれません。

毎日の楽しみでもある美味しいコーヒーを飲む時間、体への影響を心配しながら飲んでいたら楽しめませんよね。可能な限り不安を取り除いて、安心してコーヒーの美味しさを楽しみましょう。

コーヒーコーヒーは豆派?それとも粉派?あなたはどっち? コーヒーコーヒーが酸化したり劣化する原因とそれを防止する方法は? コーヒー淹れたコーヒーを作り置きしたらどのぐらいの時間で酸化する?

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください