間引き大根は実は美味しい?オススメの食べ方とは?

間引き大根

大根はさまざまな調理法で味わえる食材であり、私たちの生活において馴染み深い野菜となっていますよね。

さて、一口に大根といっても数多くの品種があります。

その中でも、「間引き大根」は捨てるのは勿体無いという事から沢山の方から食される大根となっていますよね。

そこで今回は【間引き大根は美味しいのか?】【間引き大根のオススメの食べ方とは?】についてご紹介致します。

▶ 亀戸大根の品種の特徴と亀戸大根あさり鍋が食べられる老舗がある?

スポンサードリンク

間引き大根とは?

ポイント

畑には数多くの大根が植えられています。しかし、畑内に沢山の大根が植えられていると、土中の栄養分を分け与える必要があります。

そうなると、限られた栄養分を大根たちが分け与えるので、十分な大きさに育てる事ができなくなってしまいます。

その為、ある程度栽培途中となっている大根を引き抜き、栄養分が偏らないような策が行われています。

この時に抜かれた大根が「間引き大根」です。

栽培途中で引き抜かれている為、太さがほとんどなく細い形となっています。

根の部分だけを見ると「食べる部分がほとんどない」と感じてしまいますが、間引き大根は根よりも葉っぱの部分が大きな魅力となっています。

大根は葉の部分で光合成が行われ、作り出された栄養を根の部分へと送っているのです。つまり、間引き大根は根の部分よりも葉っぱの部分に栄養がたっぷりと詰まっているのです。

スポンサードリンク

間引き大根の食べたときの味などの特徴は?

間引き大根は未熟状態の大根となっていますが、みずみずしさがしっかりと含まれています。生で食べるとコリコリとした食感とほんのりとした甘味を楽しむ事ができます。

また葉っぱの部分はシャキシャキとした食感が魅力的です。

間引き大根のオススメのレシピは?どんな料理に使うと美味しい?

ポイント

間引き大根はさまざまな料理にて味わう事ができます。そんな間引き大根のオススメのレシピをご紹介致します。

漬物

  1. 間引き大根をしっかりと洗う
  2. 葉っぱは適当な大きさにカットし、根の部分は皮を剥いて適当な大きさにカットする
  3. 葉っぱと根を塩揉みする
  4. 塩揉みしたら、塩小さじ1/4、砂糖小さじ1/4、酢大さじ1/2を入れ冷蔵庫で1日寝かせたら完成

お味噌汁の具

  1. 間引き大根をしっかりと洗う
  2. 間引き大根はすぐに熱が通るので、沸騰したお湯で1~2分程間引き大根を茹でる
  3. ダシや味噌で味を整えたら完成

間引き大根のゴマ油炒め

  1. しっかりと洗った間引き大根を適当な大きさにカットする
  2. 少し多めのごま油をフライパンに敷く
  3. カットした間引き大根をフライパンで軽く炒める
  4. 塩コショウ少々と醤油を小さじ1入れれば完成

シャキシャキとした食感とごま油の香りが食欲をそそります。白いご飯は勿論、お酒のお供にもバッチリです。

あとがき

間引き大根を捨ててします方もいらっしゃいますが、間引き大根の葉っぱは栄養豊富な部分にもなっているのです。

浸けも飲んやみそ汁を始め、さまざまな調理法で美味しく味わう事ができるので、捨てずにあらゆる料理に活用されてみては如何でしょうか。

▶ 赤い大根の種類一覧!普通の大根と栄養価が違う?
▶ 白い大根の種類一覧!自分の好みの大根はどれだ?

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください