ミラノ大根という赤い大根の味の特徴と旬の時期とオススメの食べ方は?

ミラノ大根

出典:http://yasai8313.blog55.fc2.com/blog-entry-2460.html

大根は毎日のように食されている食材の一つですよね。生食は勿論、煮物やおでんにすると甘みも深まり、ほっこりとした気持ちにさせてくれますよね。

さて、大根にも多くの種類がある事をご存知でしょうか。大根には「ミラノ大根」という赤い大根もあるのです。

そこで今回は【ミラノ大根の味や特徴とは?】【ミラノ大根の旬やオススメの食べ方とは?】についてご紹介致します。

▶ 黒丸大根という変わった大根の特徴とオススメの食べ方は?

スポンサードリンク

ミラノ大根とは?

ポイント

ミラノ大根はイタリア産大根を国内で販売でしている品種となっていますが、品種の詳細は不明となっている大根です。

大根と言えば「日本の野菜」をイメージしてしまいますが、ミラノ大根はイタリア生まれの大根なのです。

一般的に大根と言えば、太さや長さがありますが、ミラノ大根は長さが30㎝程で太さも根っこに向かう程に細くなっています。

その為「人参」によく似ている大根です。

ミラノ大根最大の特徴は「色」です。ミラノ大根は紫色の品種で、薄紫の物もあれば、濃厚な紫色の物まであります。

ミラノ大根を食べたときの味などの特徴は?

ミラノ大根は水分量が少なく、程良い固さがあるのでコリコリとした食感を楽しむ事ができます。

また大根の辛味が強く、一般的に食べられている青首大根に慣れている方は「辛い」と感じてしまいます。

主な産地はどこ?旬の時期っていつなの?

ミラノ大根はイタリアが主な産地となっていますが、滋賀県や沖縄県など全国各地で栽培が行われています。

そんなミラノ大根は11月~1月頃が旬の時期となります。

スポンサードリンク

ミラノ大根のオススメの食べ方は?

ポイント

ミラノ大根は紫色と白色のコントラストが大きな特徴となっています。

この色合いをフル活用できるように、スライスしてサラダや漬物として食べるのが、オススメの食べ方です。

また、ミラノ大根の紫色はポリフェノールの一種であるアントシアニンの色素によるものです。

アントシアニンは酢に反応する成分となっており、甘酢漬けにすると紫色がピンク色へと変化します。生食の紫色と甘酢漬けのピンク色でカラフルさを楽しむのもよいですね。

また、水分量が少ないので、大根卸しにもピッタリです。ミラノ大根は青首大根のように、煮物やおでんといった加熱料理でも味わう事ができます。

しかし、アントシアニンは水に溶けやすい成分となっており、煮物にすると色素が溶け出し、他の材料に色が移ってしまうので、注意が必要となります。

ミラノ大根は辛味がとても強い品種です。

日本にも多くの辛味大根が存在していますが、ミラノ大根の辛味はとても強く、大根卸しにするとより辛みが増します。

焼き魚や蕎麦のトッピングにもおススメで、酢やレモン汁と和えるとピンク色に変化するので、辛みだけでなく色合いも楽しむ事ができます。

あとがき

イタリア産の大根であるミラノ大根は見た目の美しさと大根の辛味を楽しめる品種です。

あらゆる料理の彩りや飾り付けとしても活用できますので、さまざまな方法にてミラノ大根を利用されてみては如何でしょうか。

▶ 辛味大根の種類一覧!意外とたくさんの種類があった!
▶ 赤い大根の種類一覧!普通の大根と栄養価が違う?
▶ 白い大根の種類一覧!自分の好みの大根はどれだ?

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください