オクラは生で食べれるの?生食用のオススメレシピは?

オクラ

みなさんはオクラをどのようにして食べていますか?

オクラは茹でたり焼いたり、色々な調理方法が可能なのですが、実は生で食べれることをご存知でしょうか。

特に旬の時期の新鮮なオクラは生のほうが美味しいという人が多いです。生食は栄養豊富で調理方法も楽なのでおすすめですよ。

今回はオクラの生食についてまとめていきたいと思います。

オクラオクラに白いカビが!これって食べても大丈夫なの?

Sponsored Link

オクラって生で食べられるの?

オクラ

オクラは生で食べたほうが栄養が豊富って本当?

オクラは健康効果と美容効果が詰まった嬉しい野菜です。その主役成分は「ペクチン」という食物繊維です。

便秘解消、高血圧予防、動脈硬化予防、糖尿病予防など優れた健康効果を持っています。

しかしこのペクチンはあまり熱に強くありません。茹でたり焼いたりすることで、ペクチンが減少してしまうのです。

ペクチンの効能をたっぷり得たい方は、オクラを生のまま食べるのが良いでしょう。

生で食べる時は下処理が重要だったりする!

オクラを生で食べる時には、まず新鮮なオクラを選びましょう。そして、加熱する時以上にしっかり下処理する必要があります。

まずヘタを切り落とし、ガクの部分を包丁できれいにむいていきます。ガクの黒い部分がなくなるようにしっかり切り落としてくださいね。

さらにポイントは塩で表面をこすることです。塩を適量手に取り、オクラを手のひらで包み、うぶ毛をこすり取るようにしていきます。

まな板の上に置いたオクラの上に塩をパラパラとかけ、ゴロゴロ転がして板ずりする方法あります。

この塩磨きをしっかりすることで、表面の産毛や汚れがきれいに取れます。

アクも抜けるので生でも食べやすくなるのです。

さらに塩揉みすることで、緑色がさらに鮮やかな色になる効果もあります。

Sponsored Link

オクラを生で使ったオススメレシピってあるの?

レシピ

サラダ

オクラを生で食べるなら、やはり「サラダ」が良いでしょう。

生のオクラは、ポン酢やめんつゆベースの和風ドレッシングと相性が良いですが、洋風サラダにするのもおすすめです。

グリーンサラダにアボガドやトマトをトッピングし、小口切りにした生のオクラをプラスしましょう。

市販のフレンチドレッシングか、オリーブオイルと塩コショウだけでも美味しくいただけます。オクラの食感がアクセントになって美味しいサラダになりますよ。

そうめん

夏野菜のオクラは、やはり夏のご馳走と相性が良いです。冷奴や冷しゃぶなどの冷たいメニューに生のオクラが加わるとさらに爽やかな一品になります。

その中でもおすすめは「そうめん」です。

粗みじん切りにしたオクラとトマト、ツナをトッピングしたそうめんは間違いない美味しさです。生のオクラの食感をそのまま楽しめる一品です。

とろろ和え

オクラと言えば納豆ですよね。生のオクラは、もちろん納豆相性抜群です。でも、とろろと和えるのもおすすめ。

オクラは小口切りにします。長芋は半分はすりおろしてとろろに、半分は1㎝角切りにします。

全て混ぜたらめんつゆなどで味付けして、鰹節をトッピングします。とろろとオクラのねばねばさと、角切り長いもの食感を楽しめるレシピです。

スムージー

栄養たっぷりの生食オクラはスムージーにもおすすめです。

オクラと相性が良いのがバナナです。バナナとオクラのねっとりとしたスムージーはくせになる美味しさです。

ヨーグルトをいれるとさらに濃厚な口当たりになるのでおすすめです。

まとめ

オクラは生で食べるよりも茹でてから刻んだり、焼いたり天ぷらにすることが多い野菜ですよね。

でも、オクラの優れた栄養成分であるペクチンは、加熱するよりも生で食べたほうがたっぷり摂取することができるのです。

オクラの効能をより取り入れたい人は、オクラを生で食べてみましょう。サラダをはじめ色々なアレンジメニューがありますので、ぜひ試してみてくださいね。

オクラオクラが臭い!実は匂いの原因は新鮮なサインだった? オクラオクラの種類って実は豊富!私達がいつも食べているのは?

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください