らっきょうは冷凍庫で保存できるの?日持ちさせる方法は?

らっきょう

らっきょうはシャリシャリとした食感とさっぱりとした味わいが魅力的ですよね。そんならっきょうの保存はどのように行っていらっしゃいますか。

今回はらっきょうをより日持ちさせる方法についてご紹介します。

▶ らっきょうの甘酢漬けの効能は血液サラサラになる?
▶ らっきょうは体にいいの?食べ過ぎは下痢になる?

スポンサードリンク

らっきょうはどのぐらい日持ちするものなの?

ポイント女性

生のらっきょうってあまり見かける事はもない事で、どれくらい日持ちするのか解らない方も多いと思われます。

生のらっきょうは購入後すぐに食べる事がおススメとなります。

冷蔵庫で保存する場合には密閉性の袋に入れる事で2~3日程の保存期間となります。

生やたまり漬け、酢漬けで保存期間は変わるの?

らっきょう

らっきょうは醤油漬けや甘酢漬けといった漬物の状態となっている事が一般的ですよね。

漬けてあるらっきょうは常温保存が可能となっており、風通しが良く暑さが籠らない冷暗所だと1年程の期間となります。未開封の状態であれば5年程の保存となります。

また冷蔵保存では常温よりも長く保存が行える5年程となっています。未開封状態だと10年もの保存が可能となってきます。

また漬けてあるらっきょうは冷凍保存も可能となっています。冷凍保存だとなんと10年以上の保存が可能となっています。

しかしいくら10年以上の保存が可能だからといっても、長期間冷凍しては冷凍焼けとなってしまう恐れがあります。

折角長期間の保存が可能であっても冷凍焼けになってしまうと食べる事が出来なくなってしまいますよね。

そこで漬けてあるらっきょうを長期間冷凍保存したいのであれば、フリーザーパックにつけ汁と一緒にいれ、しっかりと空気を抜いて保存する事です。

食べる際は自然解凍を行うと触感や風味が損なわれず、美味しく味わう事が出来ます。また自然解凍を行う場合は食べる分だけ解凍する事がおススメとなります。

スポンサードリンク

らっきょうを保存させるおすすめの方法は?

OKをする女性

らっきょうを保存させるおすすめの方法はやはり冷蔵保存が最も最適となっています。

開封した状態であっても、漬け汁と一緒に保存する事で5年程の保存も可能となってきます。

らっきょうが傷んでいないかどうやって判断するのがいいの?

臭い

らっきょうを美味しく食べる為にも、見分け方をご紹介します。まず実がふっくらしており、粒ぞろいが良い物が美味しいらっきょうです。

らっきょうは出荷する直前に根や葉が切り落とされていますが、成長が非常に速い食べ物となっています。

その為、根や葉が伸びているものは成長が進んでおり、実が小さく乾燥している事があります。

また茶色くなっているものは傷みが生じているらっきょうとなり、白っぽいものをチョイスされると良いです。

あとがき

漬けてあるらっきょうであっても購入しても食べきれない事が多いですよね。しかし開封後であっても適切に保存する事で長期保存も可能となります。

美味しさをしっかりと維持出来る保存方法は沢山あるので、試してみては如何でしょうか。

▶ らっきょうとにんにくって同じ食べ物?違いは?
▶ らっきょうとエシャレットとエシャロットは同じ?違いは?
▶ カレーのお供はらっきょう?それとも福神漬け? どちらが好み?
▶ らっきょうを食べると口が臭い?消す方法とは?

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください