ラムネ(お菓子)の食べ過ぎは依存症になる恐れもあり危険?カロリーは?

ラムネ

子供の頃、誰しもがラムネを食べた経験がありますよね。

さっぱりとした甘さが口いっぱいに広がり、ちょっとしたお小遣いでも購入出来るとしてお菓子の定番ともなっていますよね。

そんなラムネはどこか懐かしさも感じられる事で大人も大好きですよね。そんなラムネを食べ過ぎると実は依存になる可能性もあるのです。

ラムネのカロリーや依存の危険性についてご紹介致します。

▶ ラムネの日はいつ?サイダーやソーダと何が違うの?

スポンサードリンク

ラムネを食べることによる効果は?

OKをする女性

ラムネを食べる事で体にさまざまな効果が得られるのです。

まずは疲労回復です。ラムネの主成分はブドウ糖となっています。人の体は常にエネルギーを消費しており、疲労を感じやすくなっています。

しかしラムネは人の活動に欠かせないブドウ糖が豊富となっており、大きな疲労回復となるのです。

また思考回路の活性化にも繋がります。脳で物事を考える際にもブドウ糖が消費されています。

ブドウ糖が不足すると物事を集中して考えられなくなったり、適格な判断が出来なくなってしまい仕事や勉強に大きな支障となってしまいます。しかしラムネを食べる事でブドウ糖の摂取ともなり、思考回路の活性化にも繋がるのです。

さらにダイエット効果も期待出来るのです。ラムネは甘いお菓子となっている事で、「太ってしまう」と思われがちですよね。

しかしラムネは他の果糖のお菓子と比較すると低カロリーでもあるのです。しかもブドウ糖は満腹感を得る事も出来るのです。

その為、程良い満腹感を感じる事が出来る上、程良い糖分摂取はダイエットに効果的ともなっており、ラムネはダイエットを行っている方にとって最適なお菓子ともなっています。

スポンサードリンク

ラムネってどのぐらいのカロリーがあるの?

体重計

ラムネは果糖タイプのお菓子の中でも低カロリーとなっています。

しかしラムネといっても製造会社によって使用されている原材料が異なる為、カロリー数も異なってきます。

一般的に5g程のラムネのカロリーは16カロリー程となっています。

ラムネを食べると病みつきになり依存症になる?

頭を抱える女性

さっぱりとして口溶けも良く、ついつい食べ過ぎになりがちなラムネ。そんなラムネを食べ過ぎてしまうと依存症になる恐れもあるのです。

それはラムネに含まれている果糖が原因となるのです。

果糖はラムネを始め、ジュースやキャンディーといった甘味を感じる事が出来る物の多くに使用されています。

果糖には快楽を与えるドーパミンの分泌を促進させる働きがあるのです。

さらに脳内麻薬と呼ばれるエンドルフィンという物質も分泌され、大きな幸福感が感じられる事で、この物質は依存性に繋がる恐れもあるのです。

ラムネを食べ過ぎると起こる弊害とは?

考える女性

ラムネを食べ過ぎると物質の中毒症状によってイライラ感や不安感、さらには禁断症状が起こる可能性があります。

これはラムネの多量摂取によって身体がこの成分になれてしまい、同じ量を摂取していても十分な快楽感や幸福感を感じる事が出来なくなってしまう事で起こってしまいます。

また果糖は糖質となっている事で肥満にも繋がってしまいます。

あとがき

子供だけでなく大人も大好きなラムネ。

しかしラムネに含まれている果糖の過剰摂取は中毒症状を引き起こす原因にもなってしまいます。

身体にとっても美味しくラムネを食べるには適量を摂取する事が大切なのです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください